よく読まれている記事

燃費基準達成車のシールを剥がしたい…でも剥がしてしまうとどうなるの?

燃費基準シールを剥がすとエコカー補助金を受けられなくなるの?

燃費基準パロディステッカー
 ハイブリッドなどをはじめとして、LPG、電気などなど…ここ数年の
うちにすっかり世の中にその存在が浸透したエコカー。
 政府によって購入が積極的に推進されているので、補助金が配布
されたり税金が免除されたりするということもあって販売台数をかなり
伸ばしていますが、そのエコカーに貼ってある燃費基準シールを邪魔と
感じている人も多いようですが、これは剥がして良いものなのか
どうか調べてみました。


燃費基準達成車について

【燃費基準達成車とは?】
燃費基準シール  そもそも燃費基準達成車とは一体何を表しているのかというと
これは省エネ法というものに基づいて施行されている燃費の基準を
車がどのくらい達成しているかというものです。
 この基準値を上回るような車は低燃費車と認定されるわけですが
グリーン税制の適応対象となる点が大きな特徴です。

【グリーン税制って?】
 グリーン税制とは、自動車がどのくらい環境基準を満たしているかに
応じて税金が最大で100%OFFになるというもので

●自動車取得税
●自動車重量税
●自動車税

といったものがグリーン税制の対象となっています。

燃費基準達成のステッカーを剥がすとどうなる?

【ステッカーを剥がすと?】
服に付いているタグ  そんな税金が安くなるようなものだと、本当は減税・免税されるべき
ものがシールを剥がしてしまったことで無効になってしまうのでは?
と思っている方も多いみたいですね。

 実は、このステッカーはそれ自体には何も意味が無いので貼っていても
貼っていなくても何の違いもありません。
 いわゆる新品の服についてくるタグやステッカーみたいなものと同じ
ような感じですね。
 というわけなので、ただでさえコロッケ大の大きさで邪魔なので
気に入らなければ買ってすぐ取ってしまっても何の問題もありません。

【法律上では】
 ちなみに法律では

●道路運送車両法施行規則
(検査標章) 第三十七条の三
 検査標章は、自動車の前面ガラスの内側に前方から見易いようにはりつけることによって
表示するものとする。
 ただし、運転者室又は前面ガラスのない自動車にあっては、自動車の後面に取りつけられた
自動車登録番号標又は車両番号標の左上部(運転者室または前面ガラスのない検査対象軽自動車に
あっては、自動車の後面)に見やすいようにはりつけることによって表示するものとする。

とされていて、検査標章(車検標章)については貼らなければいけないと
決められていますが、他のものについては貼ってはいけないとも
貼っていいとも記載されていませんので罰則もありません(当たり前
ですが)。

燃費基準ステッカー(シール)の剥がし方

【手順0】
お断りしますのAA  まず、新車を買ってもし納車前の場合であるなら販売店の担当者に
「シールは貼らないでおいてください」と伝えておくことでステッカーが
貼られるのを事前に阻止できる場合があります。
(断られる場合があるとは思えませんが…)

 また、ステッカーは早く剥がせば剥がすほどきれいに苦労せずに
剥がすことができるのでやろうかなと思っている人はなるべく早く
剥がしにかかった方が良いです。

【手順1】
 シールを剥がすのにはいくつかの方法がありますが、車の塗装は
熱に強く薬に弱いという特徴があるので

●ドライヤーで暖めながら少しずつ剥がす
●濡らした温タオルなどで少しずつ剥がす
●シール剥がしグッズで一気に剥がす

といった方法が有効なようです。
 刃や薬剤を使って剥がす方法も一応はあるのですが、問題が
発生する場合もあるようなので初心者向けではないかも?

【手順2】
ステッカーの糊  さて、ようやくシールを剥がしたらそれで終わりではありません。
ステッカーに使われている糊付け?はかなり強力なものでガラスに
べったりと残っているはずなのでこれも取り除かなくてはなりません。

 こちらもいろいろな方法があるようなのですが、一番簡単そうな
方法としては100円均一などで売っている水だけで汚れが落とせる系の
白いスポンジで、スポンジはボロボロになりますが剥がしたところの
仕上がりはなかなかいいみたいです。

【ちなみに】
 「シールを剥がす方法」と「シールの糊付けの跡を取る方法」は
民間療法のようにかなりいろいろな方法があるみたいで、どれが一番
有効かというのは判断がつきにくい部分があったのでとりあえず
無難なものをピックアップしてみました。
 ほかにこんな方法が効率が良かった!というのがありましたらぜひ
コメント欄にてこっそり教えてください。
関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2017/01/20 11:25
  • -
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)