よく読まれている記事

MTだらけのバスとトラック…MTが多い理由はなぜ?

なぜトラックやバスはMTが多いのか?

ギア
 車といえば、ATとMTという2種類の車があることはおなじみですね。
 今や普通自動車では簡単な操作で運転ができるAT車がほとんどですが
なぜかトラックやバスなどといった、いわゆる商用車と呼ばれている
種類の車は未だに多くの種類の車がMTですよね。
 どうして商用車でこれほどまでにMTが使われているのか調べてみました。


MTとATについて

【トランスミッション】
 MTとATは、それぞれManual TransmissionとAuto Transmissionの
略称を表していて、トランスミッションの操作が自動か手動かと
いうことでMTかATかということで区別されています(厳密には
違うのですが)。

【MTとは?】
マニュアル  異なるギアに変速する際に動力の伝達を一旦途切れさせるので
クラッチという機能が備わっていて、それによって回転力の伝達を
伝えたり切り離したりして変速を行なっています。
 自動車用の変速機としては最も基本的な機構で自動車の普及と
ともに広く採用されてきましたが、面倒な操作とオートマの登場に
よって、徐々にシェアが減っていき現在のシェアは数%程度。

【ATとは?】
オートマ  ATはMTの後に登場した技術で、変速の際にはMTのようなクラッチ操作の
面倒くささが全くないということで、MTに代わって広くシェアを伸ばして
います。
 クラッチ操作が完全に不要となっていて、変速も自動で行われるので
運転に対する負荷が大幅に減っていて一般的にも広く伝わりました。

なぜMTが多いのか

【MTのメリット】
トラック  とはいえ、MT車は面倒なことばかりというわけではなくAT車には
ないメリットもたくさんあります。
 ATは変速が自動で行われますが、自分のイメージと違ったシフト
タイミングで変速されたりするのでプロのドライバーにとっては
逆に思い通りに運転することが出来ないという人がいます。
 また、燃費・維持費・購入費などもMTの方がメリットが大きいです。

【MTがトラックに使われる理由】
 ということで、具体的にトラックやバスでMTが使われているのには

●ATよりもMTの方が燃費が良い
●MT車の方が車体価格が安い
●耐久性が高く維持費も安くすむ

などなど…経済的な理由によってMTが使われています。
 そうはいっても「些細な違いなのでは」と思う方もいそうですが
年間のランニングコストは数台分だけでも数10万もの差が出る
言われていてトラック運送事業者にとっては大事なコスト削減の要素と
なるわけです。

ちなみに

【自動車のMTとトラックのMT】
教習車  ちなみに、トラックのMTと自動車のMTでは若干の違いはあるものの
それほど大きな違いというものはなく十分に運転が可能とのことです。

【教習所で取るのはAT?MT?】
 また、教習所で実際に免許を取るときにATかMTかという点で
悩むという人も多いと思いますが、最近はMT車は運転する機会が
ないからということでATを選ぶ人も多いみたいですね。

 しかし、人間の人生は何があるかわかりません。
 明日から、MT車の運転を頼まれることも…。
トラックドライバーやタクシー運転手など自動車に関わる職業に
付いている方は、多くの自動車に乗れた方が利点がありますからね。

 仕事の幅が広がるという面でも個人的にはおすすめです。
関連記事

Comment

現在、大型トラックはATの方がメリットが多いのでATに移行しつつあります。
理由は運転手の技量に関係なく最も燃費の良い回転数を常に維持できるATの方が実燃費が良くなるからです。
もう1つは運転手の疲労軽減による事故率の減少です。
それに対しMTは車両購入コストこそ安くなりますが、燃費や事故での損失を考慮すれば長期的には維持費が高くなります。
乗用車と違い走行距離が多くなる大型車ほど上記傾向が強くなります。
  • 2016/02/01 15:44
  • -
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)