よく読まれている記事

速度超過で罰金や免停のリスクまで犯す必要があるのか?

速度超過してまで急ぐ事は損?

速度超過に意味はあるのか
 急いでいるときには思わずアクセルを踏み込んで、ついつい速度
超過をしてしまうこともあります。
 もちろんあってはならないことなのですが、気をつけていても
どうしてもやってしまう時ってありますよね。

 しかし、たった10km/hがどれほどの影響を及ぼすかを知ってし
まったら制限速度を守らずに運転できなくなるかも知れません。


速度超過での運転リスク

【法的なリスク】
どこからともなく現れる白バイ  速度超過によるリスクとしてまっさきに思い浮かぶのは違反点数
でしょう。

 少しの点数だと思っていても、積もり積もって免停になるという話
もよく聞きます。

 点数がない状態での運転は緊張するし、免許停止はドライバー
にとっては死活問題です。

 超過具合によって変わってきますが、違反の減点は以下のように
なっています。

●一般道路
50km/h以上:12点(酒気帯び0.25未満 13点・酒気帯び0.25以上 19点)
40km/h以上50km/h未満:6点(酒気帯び0.25未満 9点・酒気帯び0.25以上 16点)
30km/h以上40km/h未満:6点(酒気帯び0.25未満 9点・酒気帯び0.25以上 16点)
25km/h以上30km/h未満:3点(酒気帯び0.25未満 8点・酒気帯び0.25以上 15点)
20km/h以上25km/h未満:2点(酒気帯び0.25未満 7点・酒気帯び0.25以上 14点)
15km/h以上20km/h未満:1点(酒気帯び0.25未満 7点・酒気帯び0.25以上 14点)
15km/h未満:1点(酒気帯び0.25未満 7点・酒気帯び0.25以上 14点)

●高速道路
50km/h以上:12点(酒気帯び0.25未満 13点・酒気帯び0.25以上 19点)
40km/h以上50km/h未満:6点(酒気帯び0.25未満 9点・酒気帯び0.25以上 16点)
35km/h以上40km/h未満:3点(酒気帯び0.25未満 8点・酒気帯び0.25以上 15点)
30km/h以上35km/h未満:3点(酒気帯び0.25未満 8点・酒気帯び0.25以上 15点)
25km/h以上30km/h未満:3点(酒気帯び0.25未満 8点・酒気帯び0.25以上 15点)
20km/h以上25km/h未満:2点(酒気帯び0.25未満 7点・酒気帯び0.25以上 14点)
15km/h以上20km/h未満:1点(酒気帯び0.25未満 7点・酒気帯び0.25以上 14点)
15km/h未満:1点(酒気帯び0.25未満 7点・酒気帯び0.25以上 14点)

 50km/h以上は一般道も高速道路もかなり厳しい減点です。
 場所によっては少しオーバーしただけでも警察官につかまることもある
ので、常に注意しておきましょう。
 また、点数以外に罰金も徴収されるので、不要な出費となります。


【事故のリスク】
 高速運転中は一瞬の気の緩みで大事故に繋がる可能性があります。

 また、衝突時の衝撃は「(質量×速度)2乗」によって導きだされます。
 乗用車よりも質量のあるトラックが速度超過して衝突すれば、乗用車
とは比べ物にならない大惨事となります。
 トラックでの高速運転は、事故を起こした時のリスクが乗用車と比べると
段違いに高いのです。

急いで運転して、早く目的地につくのだろうか?

【教習所でも聞く実験】
赤信号で結局同じ車と遭遇  速度超過による運転リスクは前述のとおりですが、こういうリスクを犯し
てまで急いで運転する甲斐があるのでしょうか。

 昔から「急がば回れ」ということわざが言われています。
 目的地につくことを急いで、険しい近道を選んだら、結局到着が遅れてし
まうというものですね。

 教習所でも聞いたことがある実験なのですが、急いでもしょうがないとい
うことを裏付ける実証実験があるので、以下に示しておきます。

東京から静岡まで両者とも1号線を走る場合、
・一方の車は制限速度厳守で、2車線以上の道路でも無理な車線変更せずにのんびりと
運転する
・一方は、飛ばせる場所は飛ばして(速度違反をしたかどうかは分かりませんが)抜かせ
る車はバンバン抜かして2車線以上の道路でもジグザグ走行して運転

した場合は、両者の差は15分程度だったそうです。

要するに、無理な車線変更やスピード違反をしても所要時間はそんなに変わらないよ。って
伝える為の検証だったそうです。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6006532.html

 普段運転しているときにも、追い抜いて走っても結局信号で同じ車が隣に
戻ってくることはよくありますよね。
 いくら焦って運転して、スピードを出しても結局は到着する時間は変わら
無いことのほうが多いのです。

 わざわざリスクを犯してまで焦る必要もありませんね。

【結局のところ】
 遅れそうになって焦る気持ちはとても良くわかりますが、急いで事故を
起こしたり、白バイに捕まったりしたらそれ以上の遅れを招いてしまいま
す。

 無理な運転は控えて、安全運転を第一に考えたほうが結局は最速で目的
地に到着するのではないでしょうか。

 何度も言いますが、事故だけは絶対に避けなければいけません。
 常に安全運転に心がけましょう。
関連記事

Comment

長距離だと
でも高速1000K移動するとなるとかなり違ってきてしまうんだよなぁ、それこそ寝る時間が無くなるとか
  • 2016/01/14 00:57
  • m01e
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)