自動車の免許にもあるATとMTの変速機の違いとは?

自動車のATとMTの違いって何?

ATとMTの違い
 自動車の免許といえば、ATとMTという2つの種類に分かれている
ということは免許を持ってる人はもちろん免許のない車を運転しない
人でも知っていることですよね。
 でも、そのATとMTという2つの運転方法の間には具体的にどういった
違いがあるのかというのは知らない人も多いみたいなので、今回は
ATとMTの違いについてまとめてみました。
トランスミッションについて

【AT・MTは何の略なの?】
 そもそも、ATとMTというのはそれぞれ

MT AT
: :
Manual Transmission Auto Transmisson

 の略のことで、これは変速機の変速方法の違いのことを表しています。
(ギアチェンジできる自転車のようなイメージ)

【MTとは?】
クラッチ  ギアの変速を手動で行う方式で、変速するときにはクラッチという
独自の機能を用いて行います。
 このクラッチは、自動車の場合はペダルによって操作するもので
クラッチペダルが完全に踏み込まれているときはクラッチは完全に
外れるので、エンジンのトルクがトランスミッションへ伝達されなくなり
クラッチペダルが完全に放れているときにはクラッチが完全に接続して
いるので、エンジンのトルクがトランスミッションから駆動輪に伝達
されます。

【ATとは?】
セレクトレバー  ギアの変速を自動で行う方式で、変速は完全に自動化されているので
クラッチペダルというものが運転席にはありません。
 ATの操作レバーは、PやDやNといった複数のモードを選択することが
できるようになっていて、運転の目的に合ったモードにレバーを合わせる
ことで自動的に変速が行われるという形になっています。

【ATとMTの違い】
 つまり、ATとMTの違いはギアの変速を手動で行うか自動で行うか
という点というところで分かれていて、ATなら自動、MTなら手動と
なっているわけです。

ATとMTそれぞれのメリットやデメリットは

【MTの良いところ・悪いところ】
MT車  MTの良いところは、MTは比較的製造コストが低くくて動力の伝達が
効率的という点でプロのドライバーが最適なタイミングで変速を行う
ことで燃費や速度など車の一番良い状態をキープすることができるという
特徴があります。
 その一方で、逆に言えば運転が不慣れだと変速のときにガクガクと
大きなショックが発生したり、最悪の場合はクラッチ操作のミスで
エンジンが停止してしまったりすることもあります。

【ATの良いところ・悪いところ】
AT車  ATは、MTで行う操作が自動化されているので障害を持っている人など
比較的誰でも運転しやすいという大きなメリットがあります。
 一方で、何でもかんでもが自動でできてしまうのでMTのように
ドライバーの運転技術が上達するといったことはあまり無く
「アクセルとブレーキを踏み間違えた」といったような初歩的な
理由で交通事故を起こす人も多いようです。

ATとMTではMTの方が事故率が多い?

【MTが事故が多いという噂は本当なのか】
 ちなみに、ATとMTの車ではMT車のほうが5倍ほど事故が起こりやすい
ということでMT車は危険度が高い車であるというような噂がなぜか
ネット上で流れているみたいです。

 確かに、かなり単純に比較したらAT車よりもMT車の方が事故を起こす
割合が多いだろうとは思いますが、それはMT車に乗るようなプロの
ドライバーの絶対的な運転時間が長すぎることやAT車を持っていて
あまり乗ってない人はいてもMT車を持っていてあまり乗ってないという
人がほとんどいないことなどから、MT車のほうが事故割合が多くなるのは
当たり前の話だということがわかります。

 つまり、MT車の事故率が高いのは確かだが、稼働率を考慮すると
当たり前、加えて商用車の事情は一般の人には関係のない話なので
MTが事故を起こしやすいというのはガセ情報だということですね。

イニシャルD
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.