よく読まれている記事

高速道路の落下物、どうやって回収すれば良いの?連絡手段は?

高速道路上の落下物、回収方法や連絡手段など

落下物
 道路上の落下物というと、片方だけ落ちてる軍手や靴などは定番の
品物ですよね。
 一般道ならそのまま路肩に寄せてタイミングを見計らって拾えば
良いですが、高速道路ともなるとそうは行きません。
 無理やり回収しようとすれば命に関わるし、どこかに連絡しようにも
どこに連絡すれば良いのやら…ということで高速道路で物を落として
しまったとき
、どうすれば良いのか調べてみました。


高速道路のおとしもの

【高速道路に物を落としてしまった場合】
落下物  まず、もし道路上に落下物を落としてしまった場合は一般道と
同じように路肩に停めて回収しに行く…なんていう行為は大変危険で
自分自身が死亡するリスクがあるだけでなく、さらなる二次災害をも
起こす危険性があるので絶対にやめましょう。

【落下物に対する対処】
 そのため、一番最初にやるべきことはその道路を管理している会社か
道路緊急ダイヤルへ連絡をします。

 この道路緊急ダイヤルというものは高速道路上の落下物に対応する
緊急電話の一種で、24時間受付で携帯・固定電話のどちらでもダイヤル
可能となっています。
 番号は全国統一で「#9910」となっていて若干覚えにくい番号では
ありますが覚えておくか記録しておくといざというときに役立ちます。

【携帯電話がない場合】
非常電話  携帯電話がない場合は、道路上に一定の間隔で設置されている
非常電話を利用することとなります。
 その際には車は左端に寄せて三角表示板を立てて二次的な事故を
防ぐなど適切な処置を行った上で電話を利用します。
 また、そういった適切な処置を行なっていたとしても車が突っ込んで
来ない保証はないので電話をしながらも周りへの気配りは欠かさず
行いましょう。

落下物を踏んでしまった場合

【車が破損してしまった…】
飛び石  基本的に落下物は落とした人が責任を負う形になるのですが
 もし、落下物を踏んでしまって車が一部破損などしてしまっても
相手が特定できそうにない場合は残念ながら責任を追求することは
できません。

 死亡事故などといった重大事件であれば話は別ですが、ほとんどの
ケースでは運転手の自腹ということになります。

【加害者になる場合も?】
 それだけならまだしも、落下物を踏んづけて跳ね上げたことによって
後続車が破損してしまった場合などは被害者のはずだったのに加害者に
なってしまっていた…なんてケースもあり得るので、落下物らしきものを
遠方に発見した場合はまず少しスピードを落として前方の状況を確認し
落下物であった場合は可能な限り接触を避けるのが賢明です。

ちなみに…

【罰則や罰金など】
白バイ  ちなみに、落下物は物を落としてしまった時点で道路交通法違反
となり3カ月以下の懲役もしくは5万円以下の罰金または10万円以下の
罰金が罰則として課せられます。

 また、落下物を放置して事故が起こった場合や逃亡したことが
後から発覚した場合はひき逃げ同様に更に重い罰則や罰金が課せられる
こととなるので魔が差しそうになる気持ちもわかりますが、速やかに
上記の処置を施しましょう。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)