よく読まれている記事

【国道】国道と言う名の酷道、関東編まとめ【酷道】

一部で人気の国道こと酷道、関東編まとめ

酷道
 最近、インターネット上で話題になっている酷道というこのジャンル。
 この手のものは廃墟と同様に行きたがる人も多いみたいで良く
YouTubeなどに動画もアップされていたりします。
 今回はそんな酷道について関東地方にはどんな道があるのか
どこが人気なのかを調べてみました。


酷道について

【酷道とは?】
酷道  ちなみに、そもそも酷道とはどのような道のことを指しているのか
というと、これは整備が行き届いていない…というより全く行われて
いないような国道とは名ばかりの獣道のことでネーミングの
わかりやすさと親しみやすさからネット上で酷道という呼び方が普及し
すっかり定着したみたいです。

 そして、その難易度は車によってはJAFを呼ぶハメになりそうな
くらい難しい道もあったりと21世紀に突入した現代の日本の道とは
とても思えないような場所も多々存在しています。
 ただ、軽い気持ちで酷道に挑んで命を落とすケースも珍しくないので
通行をおすすめするものではありません。

【その他の酷道について】
 その他の酷道については、以前に日本三大酷道ということで特に酷く
通行が不可能に近い道路のみを取り上げたページがあるので、興味の
ある方はそちらも合わせてご覧ください。

●【国道】日本三大酷道のまとめ【酷道】
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-389.html

関東地方のいろいろな酷道

【国道410号線】
 千葉県の房総半島の端っこに位置する南三原付近から上り方面へと
山の中をひたすら駆け抜けていく道路。

 「道幅狭し」に「落石注意」「動物注意」と関東地方ではなかなか
見ることのできない標識のオンパレードで、進んだ先には一応
清和県民の森という施設があるようなのですが果たして好んで行く人が
いるのかどうか…

国道410号線 国道410号線

【国道461号線】
 常陸太田市の国道349号と交差するまでの土岳に沿ってジグザグと
進む峠区間は最大の難所で自動車同士でスレ違うことが難しいと
されていて、もし対向車が来たりした場合は大変なことに…。
 とはいえ、全体的には道路の改良が進められつつあり酷道としては
消え行く運命。

国道461号線 国道461号線

【国道421号線】
 長野・埼玉・群馬の三県にまたがる国道421号線は関東の酷道の中でも
最難関クラス。
 十石峠付近は特に危険で、どちらかというと通行が困難な道という
意味で酷道というよりかは落石や土砂崩れなど命に関わる致命的な
危険度の方が高いので特別な理由がなければ通行しないほうが吉。

国道421号線 国道421号線

まとめ

【酷道の通行について】
 いかがでしたでしょうか?
 この手の酷道は日本中に点在していますが、現在はその危険性の
高さ(と有用性の低さ)から次々と整備が行われていて路面状況が
改善しているところが多くなってきていて基本的には消え行くものと
なっています。

 やはり死亡者も出ていたりと決して軽い気持ちで行ける場所では
ないですが、近くを通行した際には一瞬だけのぞいてみるのも
ありかもしれませんね。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)