よく読まれている記事

トラックで動物を運搬するにはどうすれば良いの?

トラックで動物を運搬するときに必要な資格とは?

動物
 トラックといえば、運搬するものは物資や資材に限らず時には
牛や馬などといった動物を運ぶこともあり、JRAをはじめとした
競走馬を運搬するようなトラックやトレーラーなんかは見たことが
ある人も多いのではないでしょうか。
 そんな積めば何でも運べるトラックですが、実際にトラックで
動物を運ぶときにはどのような資格が必要となるのでしょうか?



動物の運搬について

【必要な資格は?】
動物運搬  まず、動物の運搬するにあたってどのような資格が必要なのかと
いうと、法人か個人かという区別によって必要なものが異なっていて
次のように分けられています。

【個人的な運搬の場合】
 個人で運搬する場合は特に必要な資格はないと思われます。
 しかし、トラックでの運搬も可能ではありますが運搬の方法が
適切でない場合は動物愛護法に触れる可能性があるので、よほど
動物に詳しいというわけでないのであれば動物の運搬サービスを
利用するほうが良いでしょう。

【法人での運搬の場合】
 法人で動物を運搬する場合には、動物取扱業というものへの登録が必要で
これは「社会性をもって、一定以上の頻度又は取扱量で、有償・無償の
別を問わず事業者の営利を目的として動物の取扱いを行う、社会通念上
業として認められる行為のこと」とのことで、要するに事業者が動物の
運搬を行う場合にこの動物取扱業登録が必要となるわけですね。

動物取扱業について

【動物取扱業の対象】
 動物取扱業としての登録が必要な動物は、ほ乳類、鳥類、は虫類の
3種類のいずれかに属するものに限られていて、畜産農業に係るもの
試験研究用などといったものは除かれています。
 畜産農業に係るものとは、乳、肉、卵、皮革、毛皮等の畜産物の
生産や乗用、使役、競争用などといった家畜の利用を目的として
飼育・繁殖される牛、馬、豚、めん羊、にわとりが該当します。

【動物取扱業のルール】
 また、動物取扱業の気をつけなければならない点として2006年の
6月21日から

●登録制の導入
●責任者の設置と研修の義務付け
●インターネット販売なども範囲に追加
●鳴き声や臭いなどの基準

といった点が法律によって改正されているので注意が必要です。

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)