よく読まれている記事

トラック・自動車の燃費を表す低燃費と高燃費、その違いとは?

燃費の性能を表す低燃費と高燃費、どんな意味があるの?

燃費
 最近はエコカーというものが世間に溢れかえっていて、10年前に比べて
環境性能や燃費性能といったものがかなり重視されるようになってきてる
自動車業界ですが、そんな中でよく聞かれる「低燃費」と「高燃費」
という2つの言葉。
 とはいえ、「何となく環境に良さそう?」というだけで、どっちが
どういう意味なのか知ってるという人は少ないのではないでしょうか?
 ということで今回は低燃費と高燃費の違いについて調べてみました。


燃費について

【燃費とは?】
石油燃料  そもそも、燃費という言葉はどういう意味なのかというと
これは燃料消費率の略称で、燃料1リットルで車がどれだけ
走行可能なのか
という性能の指標の一種です。

 現在日本では、JC08モードと10・15モードという2種類の方法で
自動車の燃費の測定というものが行われているのですが、これらは
前にも説明したことがあるので詳しくはこちらのページを
ご覧ください。

●自動車・トラック燃費の10・15モードとは一体何?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-351.html

●JC08モードの意味って?どういう走行パターンなの?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-365.html

【低燃費とは】
 では、低燃費という言葉には一体どのような意味があるのかというと
これは低燃料消費率という意味で走行距離あたりの燃料消費量が少ない
つまり燃料消費率が高い(良い)という意味があります。

 「低燃費=車の燃費性能が低い」というわけではないので注意が
必要です。
 誤用を防止するために低燃費は省燃費という言葉に置き換えられて
使われることもあるのですが、一般的には低燃費という言葉が普及
しています。

【高燃費とは】
 では、高燃費という言葉は車の燃費性能が良くないこと表す…
かと思いきや実は一概にそういうわけでもないようで、「高燃費の
方が正しい、低燃費という表現は間違っている」という意見もかなり
見られたりと情報が錯綜しているようなのです。

 

低燃費と高燃費の違い

【低燃費と高燃費】
低燃費少女  どうしてこのようなことになってしまったのかというと、実は
「燃費性能が優れている」という表現をメーカーが広告などで使用する際に
どういう意図からかはわかりませんが、しきりに低燃費という言葉を使った
ことによってこのような事態となったようなのです。

 そのため、高燃費という言葉は一般的にほとんど使われることがなく
使ったとしても誤解を招きがちな表現となっています。

【両者の違いとは?】
 ということで、両者の言葉の違いというものは特になく

●低燃費 : 一般的には燃費性能が高いと認知されている
●高燃費 : 低燃費の反対語として誤解されがちで意味が定まっていない

といった感じになっています。
 しかし、今はメーカーなども全部低燃費・省燃費といった言葉で
広告を打っているので、特に理由のない限りは高燃費という言葉は
使わないほうがいいかも知れません。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)