よく読まれている記事

交通安全のお守りで有名な神社・寺(栃木県編)

栃木県の交通安全のご利益があるお守りは?

栃木県の神社
 これまでいろいろな都道府県の交通安全のお守りなどを取り扱う
神社をまとめてきていますが、今回は宇都宮餃子やとちおとめなどの
グルメで知られる栃木県について調べてみました。
 栃木県は全国的に見ても自動車の普及率がかなり高い県なせいか
交通事故数・死亡者数ともに悪い方なので、新しいお守りで心機一転
無事故・無違反の安全運転を心がけてみるのもいいかもしれません。


神社について

【交通安全のご利益について】
今宮神社  全く同じ見た目ように見えるお守りですが、実はその目的に合わせて
いろいろなご利益があって、その効果はその神社に由来する性質や神社に
祀られている神様の性格
などによって決められているそうです。
 別に神社の人が適当に取ってつけている…というわけではないんですね。

 ちなみに、画像の神社は栃木県のさくら市にある今宮神社のもので
秋シーズンには"いちょう"がライトアップされてとてもきれいなので
観光スポットとしても知られています。
 もちろん、交通安全のご利益もあるので近くに訪れた際には一度
のぞいてみるのもいいかも知れません。

●今宮神社(さくら市)
住所 : 栃木県さくら市馬場43

お守りの取り扱いやご利益

【取り扱い方法】
●宇宙人誘拐防止お守り
変なお守り
 お守りといえば「外からは中身が見えないようになっていて口が
閉じられている」形式が一般的で、中に何が入ってるのか気に
なってはいるものの罰当たりな気がして開けたことがないという人が
ほとんどなのではないでしょうか?

 なぜお守りを開けてはいけないかというと、実はこれにはきちんと
した理由があって(もちろん大したものが入ってないから開けられると
それがバレて困ってしまう…というわけではありません)お守りの
内部には力を持つ存在を閉じ込めてあるとされていて開封して
しまうことで、せっかく閉じ込めたその力が外へと逃げてしまう…
ということなんだそうです。

 そのために、わざわざ封までした上に開けてはいけないと
教えられているんですね。
 まあ、せっかく神社まで行って大事なお金と引き替えに
手に入れるお守りですので扱いは

●中身は開けない
●身の回りに置く
●雑に扱わない

といったことに気をつけたりして、お守りのご利益が
なるべく発揮されるようにしておくのが良いですよね。

【お守りの有効期限】
 お守りの有効期限について1年間という噂があるみたいなのですが
調べてみたら平たくて小さいあのお守りの場合は有効期限とかいった
時間制限付きのものはないようですね。
 あったにしても祈願の内容自体が期限つきの場合(受験や安産など)
くらいらしいので「年々効果が落ちてる気がする…」と感じてる人も
特に気にする必要はないと思います。
 むしろ年季が入ってきた方が見た目的に大物感が出ますよね。

 ただ、初詣などで新しいお守りを手に入れて古い方を処分する時は
ゴミ箱に捨てたりせずにちゃんと神社に引き取ってもらうように
気をつけましょう。

栃木県で定番の交通安全お守りといえば

【日光東照宮】
 「見ざる、言わざる、聞かざる」でおなじみの日光東照宮。
 修学旅行などでおなじみのこの神社、こちらは観光カラーが
強めではありますが交通安全のご利益が得られます。

見ざる言わざる聞かざる


【太平山神社】
太平山神社  どちらかというと、交通安全と言うよりも今宮神社のような
観光スポットも兼ねた神社で春は桜、夏はあじさい、秋は紅葉
季節の自然を楽しみながら交通安全祈願もできるので家族で行く
時などは小旅行気分が味わえていいかもしれませんね。

 また、こちらの神社は別名交通安全神社とも呼ばれる神社で
その名の通り交通安全の祈願についても由緒正しい神社です。




太平山神社の四季
太平山神社の桜 太平山神社のあじさい 太平山神社の紅葉

栃木県の交通安全にゆかりのある神社一覧

【栃木県内の神社・寺など】
 下に栃木県内で交通安全にゆかりのある神社をまとめてみました。
ただ、現在も実際にお守りが販売されているかどうかなど最新の情報
についてはそれぞれの神社に直接問い合わせてみてください。

●宇都宮市
栃木県護国神社 : 栃木県宇都宮市陽西町1-37

●鹿沼市
古峯神社 : 栃木県鹿沼市草久3027

●下野市
児栄山華蔵寺 : 下野市下古山928-1

●日光市
日光二荒山神社 : 栃木県日光市山内2307
日光東照宮 : 栃木県日光市山内2301

●真岡市
延喜式内大前神社 : 栃木県真岡市東郷937

●上河内町
羽黒山神社 : 栃木県上河内町今里1444

●藤岡町
三毳不動尊 : 栃木市藤岡町大田和747
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)