交通安全のお守りで有名な神社・寺(山梨県編)

山梨県の交通安全のご利益があるお守りは?

山梨県の神社
 これまでいろいろな都道府県の交通安全のお守りなどを取り扱う
神社をまとめてきていますが、今回は富士山の麓で"ほうとう"で
おなじみ山梨県について調べてみました。
 山梨県は自動車普及率96.8%と車社会であることから交通事故率も
全国TOP10に名を連ねる県なので、たまにはお守りを買って
心機一転、安全運転を心がけてみるのもいいかもしれません。
神社について

【交通安全のご利益について】
小御嶽神社  お守りは全く同じ見た目に見えますが、実はその目的に合わせて
いろいろなご利益があって、その効果は神社に由来する性質や神社に
祀られている神様の性格
などによって決められているそうです。
 神社の人が適当に効果をつけている…というわけではないんですね。

 ちなみに、画像の神社は山梨県の富士吉田市にある御殿場市のもので
富士山の五合目にある神社ということで観光スポット
としても有名ですね。

●小御嶽神社
住所 : 静岡県御殿場市中畑2109

お守りの取り扱いやご利益

【取り扱い方法】
●中には一体何が…?
変なお守り
 お守りといえば「外からは中身が見えないようになっていて口が
閉じられている」形式が一般的ですが、中に何が入ってるのか
気になってるものの開けるに開けれないという人もかなり多いんじゃ
ないでしょうか?

 なぜお守りを開けてはいけないかというと、実はこれにはきちんと
した理由があって(もちろん大したものが入ってないから開けられると
それがバレて困ってしまう…というわけではありません)お守りの
内部には力を持つ存在を閉じ込めてあるので開封してしまうと
せっかく閉じ込めたその力が外へと逃げてしまうということ
なんだそうです。

 そのために、わざわざ封までした上に開けてはいけないと
教えられているんですね。
 まあ、せっかく神社まで行って大事なお金と引き替えに
手に入れるお守りですので扱いは

●中身は開けない
●身の回りに置く
●雑に扱わない

ということでなるべく丁寧に扱って、お守りのご利益が
発揮されるようにしておくのが良いですよね。

【お守りの有効期限】
 お守りの有効期限について1年間という説があるみたいなのですが
調べてみたら特にそういった時間制限付きのものはないようですね。
 あったにしても祈願の内容自体が期限つきの場合(受験や安産など)
くらいらしいので「年々効果が落ちてる気がする…」と感じてる人も
特に気にする必要はないと思います。
 むしろ年季が入ってきた方が見た目的に大物な感じが出ますよね。

 ただ、初詣などで新しいお守りを手に入れて古い方を処分する時は
ゴミ箱に捨てたりせずにちゃんと神社に引き取ってもらうように
注意しましょう。

山梨県で定番の交通安全お守りといえば

【小御嶽神社】
 先ほどの富士山の五合目にある神社で交通安全のご利益もあります。
 観光カラーが強めなので、富士山を登る予定の人はついでにちょっと
のぞいてみるのもいいかもしれませんね。

小御嶽神社

山梨県の交通安全にゆかりのある神社一覧

【山梨県内の神社・寺など】
 下に山梨県内で交通安全にゆかりのある神社をまとめてみました。
ただ、現在も実際にお守りが販売されているかどうかなど最新の情報
についてはそれぞれの神社に直接問い合わせてみてください。

●甲府市
稲積神社 : 山梨県甲府市太田町10-2
武田神社 : 山梨県甲府市古府中町2611
夫婦木神社 : 山梨県甲府市御岳町2041

●富士吉田市
北口本宮冨士浅間神社 : 山梨県富士吉田市上吉田5558

●長坂町
穂見諏訪十五所神社 : 山梨県長坂町長坂上条1461

●北巨摩郡
穂見諏訪十五所神社 : 山梨県北巨摩郡長坂町大八田6822
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.