よく読まれている記事

レギュラーとハイオクって何が違うの?

レギュラーとハイオク、それぞれのガソリンの違いとは?

給油中にタバコを吸う女
 自動車用の燃料といえば、大きく分けて軽油とガソリンの2種類が
ありますが、そのガソリンの中でもさらにレギュラーとハイオクに
分かれていて違いが気になるところですよね。
 ということで今回は、レギュラーガソリンとハイオクガソリンの
違い
についてまとめてみました。


ガソリンとは?

【ガソリンの概要】
ガソリン  ガソリンとは、石油燃料の一種で特に自動車用のガソリン燃料は
オクタン価と呼ばれる数値によってレギュラーやハイオクなどと
燃料のグレードが区分されています。

 オクタン価とは、ノッキング(エンジンの不自然な振動や異常音)と
呼ばれる現象の起こりにくさを表していて、要するにオクタン価が
高ければ高いほどノッキングが起こりにくくエンジンの故障を
起こしにくい
んです。

【レギュラーとハイオクの違い】
 というわけで、レギュラーとハイオクの違いは単にこのオクタン価と
呼ばれる値によって区別されているだけということになります。

どちらを使ったら良いの?

【最適なガソリンの選び方】
レギュラーとハイオク  では、とりあえずハイオクを選んでおけば良いのかというと
そういうわけでもありません。
 というのも、自動車にはハイオクとレギュラーどちらを使うのが
ベストなのかというのは車を作ったメーカー側によってあらかじめ
決められているので


○ハイオク車でレギュラー
走るもののパワー・燃費がダウンするので
その場で安くついても最終的には損をする

○レギュラー車でハイオク
レギュラーで十分な構造なのでハイオクの能力が
発揮されず無駄に高いお金を払うだけ

といったように違う種類のガソリンを使っても一応は走りますが
燃料本来の能力が発揮できないままに終わってしまうので
あまり意味がないんですね。

【給油口をチェックしよう】
給油口の裏側  しかし、中には自分の車が
「ハイオクとレギュラーのどちらを使えば良いのかわからない…」
という人もいると思いますが、実はこれは簡単に確認することができます。

 普通はガソリンを給油する時に開く給油口のふたの裏側に種別が
指定されているので、そこに書いてある種類のガソリンを使っていれば
心配しなくても何の問題はありません。

 もし、記載されていない場合や文字が解読できない場合などは
自動車を買った時に付属する説明書の方にも同じことが書いてありますので
そちらを見てみましょう。

ちなみに…

【レギュラーとハイオク混ぜたらどうなるの?】
給油  レギュラーとハイオクを混ぜる機会というのはそうそうないような
気はしますが、どんな割合で混ぜたとしても一応は走ります。

 これは、自動車側のコンピュータ制御によって違う種類のガソリンが
入れられたとしても自動車が勝手に合わせてくれるからで
レギュラーとハイオクを取り違えても走るのもこの機能があるからなんです。

 というわけで、もちろん故障することもないのですが
ディーゼル燃料の軽油だけは自動車が走らなくなるだけでなく
良くて故障、最悪廃車にもなりうるので適当に給油するのは
絶対にやめましょう。

【参考資料】
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)