よく読まれている記事

中型免許と中型8t限定解除の違いって何?

中型と中型限定解除、運転できるトラックの種類は違うの?

ラーメンマン
 2007年(平成19年)の6月2日に新設された新普通免許と中型免許。
 これらの運転免許でトラックを運転する場合、気になるのは
「何tくらいまでのトラックが運転できるのか?」ですよね。
 ということで、今回は中型免許と新普通免許(中型8t限定解除)で
運転できるトラックにはどのような違いがあるのかまとめてみました。


それぞれの運転免許について

【中型免許とは】
免許証  中型免許とは2007年(平成19年)6月2日以降に新設された
自動車免許のことで、運転が可能な自動車の区分は下の表の
ように定められています。

最大積載量 車両総重量 乗車定員
6,500kg(6.5t)未満 11,000kg(11t)未満 29人以下

【新普通免許とは】
 一方、新普通免許は同じく2007年(平成19年)6月2日以降に
取得された普通自動車の免許のことで(AT/MT問わず)、運転が
可能な自動車の区分は下の表のように定められています。
(※カッコ内の数字は旧普通免許取得者の場合)

最大積載量 車両総重量 乗車定員
3,000kg(3t)未満 (5,000kg(5t)未満) 5,000kg(5t)未満 (8,000kg(8t)未満) 10人以下

限定解除って何?

【限定解除とは】
限定解除  ということで、2007年(平成19年)6月2日以降の新しい免許区分では
新普通免許と旧普通免許で取得者によって運転できる車の制限が違うのが
わかりますね。

 旧普通免許は免許の表面に記載される「中型車は中型車(8t)に限る」という
文字があり当該の免許では車両総重量が8t未満のトラックが運転できることを
表していますが、実はこの8t限定という制限を撤廃して中型免許への格上げを
行う手続きが8t中型限定解除
と呼ばれるものなんです。
 8t中型限定解除を行うと車両総重量や乗車定員の制限は次のように変化します。

最大積載量 車両総重量 乗車定員
6,500kg(6.5t) 11,000kg(11t)未満 29人以下

 これによって、旧普通免許の取得者であっても中型免許と同じくらいの
トラックまでを運転することが出来るようになる、というわけなんです。

それぞれの免許が新設されることになった理由

【なぜ新免許制度が?】
限定解除  なぜ免許制度がこのような複雑な形で変わったのかというと
これは「旧普通免許取得者が起こしてきた事故が大きな原因の1つ」
であると言われています。

 これまでの旧普通免許では教習所で普通自動車を少し運転しただけで
4tトラックの運転までできてしまっていたわけですが、やはりトラックの
運転経験の浅い運転手が起こす事故率は深刻だったようでやむなく
トラックにはトラックのための中型免許というものを設けることと
なったわけなんですね。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)