よく読まれている記事

【交通事故】高速道路で歩行者をはねてしまった場合の過失割合は?

高速道路で人身事故、車側の過失割合は…?

おとしもの
 高速道路といえば、文字通り自動車が高速移動するための場所ですが
なぜかそんな高速道路に自転車や歩行者がが立ち入って事故になるという
事件が日本でもたまに起こりますよね。

 一般道だと歩行者と自動車の過失割合は自動車が重くなりがちですが
高速道路は"自動車専用道路"の一種で歩行者や原付、自転車での通行は
認められていません。
 このような場合過失割合はどうなるのでしょうか?


高速道路について

【高速道路とは】
ICゲート  高速道路とは、自動車のみが通行できる"自動車専用道路"の一種で
さらに一般道路との間はゲートで立ち入りが制限されています。
 そんな道路で自動車ではない歩行者や自転車と事故を起こして
しまった場合の罰則などはどうなるのでしょうか?


高速道路での事故

【自動車と歩行者・自転車】
レントゲン  歩行者や自転車など、本来立ち入りできないようなものと事故に
なってしまった場合の過失割合は法律事務所などによると基本的に
"歩行者らが80%で自動車側は20%"になるんだそう。

 しかし、これは基本的な過失割合であってもし自動車側に飲酒運転や
スピード超過など重度の違反が認められた場合には割合が逆転することも
十分にあります。

【自動車と自動車】
 ちなみに、自動車と自動車での事故だった場合は
"進路変更した側がおおよそ80%で直進していた側が20%"
追突事故の場合は追突した側が60%で停車していた側が4割"と
なるみたいですね。
 もちろんこれらもその他の違反状況によって異なってきますが。


こんな時どうする?

【事故に巻き込まれた場合】
 さて、高速道路での歩行者といえば思い浮かぶのはやはり
"痴呆などで徘徊する高齢者"が社会問題にもなっていますが
YouTubeを見ていたらこんな動画も…。
 こんな時、一体どうすればいいんでしょうかね?

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)