【冬の車中泊】車内温度はこんなに低く…防寒対策や注意点とは?

寒さ対策の装備いろいろ…覚えて損はない冬の車中泊とは?

真冬の車中泊
 トラック内で快適な睡眠をとるためのグッズや豆知識はこれまでにも
何回か説明したことがありますが、中距離~長距離のドライバーともなると
本格的な車中泊を経験する人もかなり多いですよね。

 ということで今回は真冬の車中泊を行う際に、あったら便利なグッズや
快適な一夜を過ごすためのポイントなどをまとめてみました。
真冬の気温について

【最低気温と車内温度】
氷漬けの自動車  夏は暑く冬は寒いのが日本の気候…というのは言うまでもですが真冬の早朝
ともなると外気温はマイナスにまで達することもあり冷蔵庫の中の方が暖かい
なんてことも珍しくはないですよね。

 できればそんな真冬や真夏の日にはできれば車中泊は避けたいところですが
そういうわけにもいかないので、やはり寒さ対策には万全を期する必要が
あるわけです。
 やはりそれなりの装備が必要となるのは否めませんが、例えば寝袋1つ
とっても選び方があって間違えてしまうと逆に体調を崩す原因になったりと
注意すべきポイントも意外と多いようです。


絶対にやってはいけないこと

【エンジンをかけたまま眠る】
エンジン火災  「寒すぎる、暖房がないと我慢できない!」という理由でエンジンを
かけたまま眠るという人も稀にいるようですが、実はこれは重大事故に
つながる多くの危険を含んでいるので絶対にやってはいけないことなんです。
 もちろん「アイドリングで地球環境に~」なんて理由ではないですよ。


【中毒死】
 アイドリング状態で眠ってしまうと、もし降雪などによってマフラーが
塞がれてしまった場合、車中に排気ガスがたまり一酸化炭素中毒死する
(いわゆる練炭自殺と同じ死因)危険性があり大変危険です。
 これは以前、スキーブームでRV車などが流行った時期には多くの死者を
出していたので知っている方も多そうですが…。

 また、降雪時でなくても地形的に排気ガスがたまりやすかったりする場合も
あり排気ガス中に含まれる一酸化炭素は目に見えないこともあって判別が
できないので車中泊の際には万が一のことを考えて車のキーは抜いておく方が
良いでしょう。


【焼死】
 また、特に仮眠時に起こりやすいケースですが、シートで寝ている際に寝ぼけて
アクセルを踏み込んでしまいエンジンのフル回転状態が続いたためトラックが
炎上
、しかしそのまま起きれず逃げ遅れるというパターンがあります。

 JAFの実験によると、アイドリング回転数が高い状態で放置した場合1時間以内に
出火したというデータがあったりと比較的短時間の間に事故へと至るので酷寒の地でも
エンジンだけは必ず止めて寝るようにしましょう。


車中泊のポイント

【その1:下準備】
武井壮  まず、ゆっくり湯船につかって疲れをいやし体の芯から温めておく
リラックスできて安眠にもつながるのでおすすめです。

 また、スパイスの効いたカレーやキムチ鍋など香辛料が多めに含まれている
料理を夕食に食べておくと体温が下がりにくいですが、逆にお酒を飲んでしまうと
水分と体温の両方が奪われてしまうので車中泊せざるを得ない時にはできれば
やめておきましょう。

 快眠といえば、ラベンダーの香りには酢酸リナリルという成分が含まれていて
心と体の鎮静作用が期待できるとのことなので、ちょっとしたアロマを用意
しておくのもいいかもしれませんね。


【その2:まずは断熱から】
タイガーボード  住宅などでもそうですが、窓は真冬の車において最も冷気の入り込みやすい
場所
で窓ガラスにカーテンや目張りで断熱するだけで車内温度はずいぶんと
変わってくるので、これは車中泊の必須アイテムと言えるでしょう。
 トラックの場合はカーテンなどを採用するだけでも違いを実感できるはずです。

 最近はプライバシー対策も兼ねた商品も多く発売されていて、比較的安価に
暖を取ることができるわけですが、もし断熱材(目張り)を自作する際には
練炭自殺や硫化水素自殺に間違えられないよう仕上がりのクオリティには注意
しましょう。


【その3:マットと寝袋】
イモムシ猫  床は睡眠時に体が直接触れるだけあって冷気が伝わりやすい箇所です。
 そのため、敷き布団となるマットや掛け布団となるシュラフ(寝袋)は
冬の車中泊におけるこだわりポイントとなります。
 若干値が張るものの、やはりその効果はとても大きいですね。

 マットはホームセンターやスーパーで売っている銀マットでもないより
マシですが、お金に余裕があればもう少し高価なものを使っても良いかも。
 5千円以内で自分の車に合った厚さ・長さ・収納性のものが良いですが
エア式よりかはウレタン式の方が腰への負担が少ないように感じられました。

 寝袋については車内温度と同じくらいの適正温度の商品を買うように
しましょう。
 「暖かければそれに越したことはないだろう」ということで過度なものを
選んでしまうと逆に暑すぎて大変な目に遭うのでブランケットや衣服で
調整するようにしましょう。
 車内スペースに余裕が有るのなら、自宅で使っている敷き布団と羽毛布団を
持ち込んでももちろんOKです。

湯たんぽ ブランケット 電気毛布


あると便利なグッズ

【車中泊関連グッズまとめ】
テロリスト風  ほかにも「あれば便利!」というものはありますが全部を積み込むのは
さすがに無駄な気もするのでリストにしてまとめてみました。
 必要に応じて使ってみるのがいいかもしれないですね。

  • 耳栓
  • おふろセット
  • サンダル
  • (ウェット)ティッシュ
  • セロテープ
  • 結露取りワイパー
  • ハンガー
  • 電池式照明
  • インバーター
  • 携帯バッテリー
  • ホッカイロ
おすすめ記事
関連記事


Comment

ブログアフィリエイト情報
私も車中泊する時がたびたびあるのですが

いろいろ気をつけなければならないことがあり

勉強になりました。

また読ませてもらいますね。
  • 2013/02/01 20:54
  • yasu3000man
  • Edit
ホッカイロも必需品ですよ
  • 2015/11/01 23:05
  • -
Re: タイトルなし
> ホッカイロも必需品ですよ

コメントありがとうございます。
そうですね、ホッカイロも大事ですね。
車中泊関連グッズの一覧にも追加しました。
  • 2015/11/05 10:41
  • トラック相談所
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.