一般道での後部座席シートベルト着用は減点になるの?例外も?

一般道での後部座席シートベルト着用は減点になるの?例外も?

 平成20年の道路交通法改正で全ての座席でのシートベルト着用が
義務化されました。
 しかし、一般道において後部座席でシートベルトを締めていないという理由で取り締まられたという話は今のところ聞いたことがありません。
 実際の所、このシートベルト着用義務とはどのぐらいの範囲なのでしょうか。

 また、違反した場合に減点される点数や、例外などもないか調べてみました。
後部座席のシートベルト未着用で取り締まられる状況とは?

【道路交通法におけるシートベルト着用義務】
ルパンと次元  シートベルトの着用が義務化されたのは平成20年6月1日施行の
改正道路交通法
からです。
 それまでは後部座席のシートベルト着用は努力義務(~するよう努めなけれ
ばならないこと)とされていて、違反による罰則やその他の法的な制裁を受ける
ことはありませんでした。

 改正された道路交通法ではこの努力義務が義務として明記され、
違反に対する罰則なども制定されました。

 以下がその改正道路交通法におけるシートベルト着用の義務に関する条文です。

○道路交通法第71条の3

自動車(大型自動二輪車及び普通自動二輪車を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、
道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定により当該自動車に備えなければならない
こととされている座席ベルト(以下「座席ベルト」という。)を装着しないで自動車を運転し
てはならない。
(後略)
自動車の運転者は、座席ベルトを装着しない者を運転者席以外の乗車装置(当該乗車装置につ
き座席ベルトを備えなければならないこととされているものに限る。以下この項において同じ
。)に乗車させて自動車を運転してはならない。
(後略)

 ということになっています。正直良くわかりませんね。
 簡単に言うと、運転する人はシートベルトを締めて、シートベルトを締めてない人が
同乗している状態で車を運転してはいけませんよ
ということですかね。

【違反に対する罰則は?】
 さて、そういうわけで後部座席でもシートベルトを着用する(させる)必要があると
いうわけですが、もし違反して取り締まりを受けた場合にはどういった罰則が課される
のでしょうか?

 警察庁によりますと、「後部座席については、高速道路(高速自動車国道又は自動車専
用道路)の違反については、行政処分の基礎点数1点が付されます。
」となっていて、
点数は課されるけど、反則金はないとのこと。
一般道においての違反には行政処分も反則金も課されません。

 こうなると違反切符を切られたという話をあまり聞かなかったことにも納得が行きますね。
 
【違反が免除される例外】
 後部座席のシートベルト着用義務が免除される例外もいくつかあるようです。
 以下にリスト化して掲載しておきます。

  • もともと後部座席にシートベルトがない場合
  • 負傷や障害、妊娠などでシートベルト装着が適当でない人
  • 座高が高い、低い、肥満など体の状態で適切にシートベルトが装着できない人
  • 乗車人数制限以内だが、シートベルト装着数以上の人数が乗車する時
  • 緊急自動車の用務に従事している時
  • 人の生命、危害を及ぼす行為の発生を警戒する職務に従事している時
  • 郵便物の配達、ごみ収集などで頻繁に乗降する区間で業務中の時
  • 警察用自動車に護衛、または誘導されている時
  • 選挙カーに乗車する候補者、または運動員

 ということで、かなり多くの場合で例外として扱われてしまいます。
 


後部座席シートベルト非着用の危険性

【シートベルト着用は自分と同乗者のため】
人間大砲  なんだか曖昧な法律なので、着けても着けなくてもいいんじゃないかという
気持ちになってしまいますが、シートベルトは違反だから着けるというものでは
ありません。


 後部座席のシートベルトを装着することによって、万が一事故を起こしてしまった場合の
危険性が格段に下がります。

 こちらも警視庁からの引用に成るのですが、後部座席のシートベルト非着用の危険性
を3つ挙げたものです。

1.車内で全身を強打する可能性があります。
 事故の衝撃で、あなたすさまじい力で前席や天井、ドア等にたたきつけられることになります。
仮に、時速60kmで進んでいる車で壁等に激突した場合、高さ14mのビルから落ちるのと同じ衝
撃を受けます。

2.車外に放り出される可能性があります。
 衝突の勢いが激しい場合、後ろの席から車外に放り出されることもあります。車外に放り出さ
れると、堅いアスファルトに体をぶつけたり、後続車両にひかれることで、最悪の場合は命を落
としてしまいます。

3.前の席の人が被害を受ける可能性があります。
 衝突の勢いで後ろの席の人が前方に投げ出されると、前の席の人はシートとエアバッグで挟ま
れ、頭に大けがをすることなどにより、命を奪われることもあります。後ろの席の人がきちんと
シートベルトを着用することは、前の席の人の命を守ることにも繋がっています。

 そういうわけで、面倒だからといって着けないと事故を起こした時に大変なことになる
ということは想像に難くありませんね。


【被害者過失による賠償の過失相殺】
 シートベルト非着用で自動車同士の事故を起こした場合に、被害者側の過失相殺が認められて
賠償額が変動するという事例もあるようです。
 もしシートベルトをつけていなくて投げ出された人が後続車に轢かれたとしても、「シートベルト
を着けてない方も悪いよね。」と判断される
ということですね。

 後部座席のシートベルトに関して、違反の時の点数やら例外やらについて述べて来ましたが、
そういう決まりだからというわけではなくて、自分の身を守るという意識で考えていった
ほうがよさそうです。


おすすめ記事
関連記事


Comment

点数が引かれる?
という点が引っかかりました。点数は違反があった場合加算されていくものですよ。
  • 2014/06/30 01:08
  • 通りすがり
Re: 点数が引かれる?
> という点が引っかかりました。点数は違反があった場合加算されていくものですよ。

申し訳ありません。
免許の点数は、「累積点数加点方式」ですね。
直ちに、修正致しました。
  • 2014/06/30 09:42
  • トラック相談所
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)