よく読まれている記事

【損?得?】トラックをリース契約した場合のメリットとデメリット

トラックのリース契約っていいの?悪いの?

 かつてはトラックの運送業者といえばトラックを自社で購入するのが
当たり前でしたが、最近は業界全体を取り巻く環境も大きく変わったせいか
車両はリースで済ませてしまうという業者も増えてきていますね。

 リスク回避・軽減のために「すべてのトラックがリースです!」なんて
ところもあるくらいですが、そもそもトラックのリース契約には具体的に
どんなメリットやデメリットが
あるものなのでしょうか?


リースって何なの?

【リースとは】
猫inコピー機  そもそもリースとは何かというと、これは「企業に対して物件を長期的に
賃貸する取引」で一言で表すと「企業に対する長期的なレンタル契約」
ことです。
 このリース契約を行うことによって、企業はあたかも品物を自社で
購入したかのようにして使用することができるというわけです。

 リースはトラックに限らず、企業にとってはかなり身近な存在で
例えば事務所に置いてあるコピー機などのOA機器は自社で購入せずに
リース契約になっていることも多いですよね。


リース契約のメリット

【その1:経費で落とせる】
経費帳  では、リース契約を利用することによってどのようなメリットが
あるのでしょうか?

 まず、リースと購入の大きな違いは税法上の扱いで

購入
リース

資産として計上されるので固定資産税がかかる
全額が経費として認められる

と決められているので、購入の場合が毎年利益から減価償却が発生するのに対して
リースは毎月の経費として落とせて減価償却も不要というメリットがあります。


【その2:支出が一定】
100ドル札  また、リースはメンテナンス代や税金、保険料など車両を購入した場合に
発生する諸々の面倒も全て込みでの契約なので借りる側は車検や税金などの
支出を気にせずただ毎月一定額を業者に支払い続けるだけでトラックを利用
することができます。

 もちろん、故障等の保証料もリース料の総額に計上されているので
万が一の際にも特別な支出が発生しません。


【その3:簡単契約で資金温存】
 その2に関連することですが、銀行の借入れよりも簡単に契約できる上に
担保も不要なので銀行借入れ枠や自己資金を他のところに回すことができる
というメリットもあります。


リース契約のデメリット

【その1:1回あたりの支払料金が高い】
 一方、リースは支出が定額に簡易化されて煩雑な事務作業がなくなる反面
一回の支払額は高めに設定されているという大きなデメリットがあるので
不動産の賃貸のように長期的に利用すればするほど購入の方がトータルの額は
お得になってきます。

 例えば、短期のリース契約ならともかく再契約を繰り返してなんだかんだ
10年近く借りてしまった場合などはトラック1台を余裕で買えるくらいの
資金をつぎ込んだにも関わらず自分の手元には何も残らず、なんてことに
なってしまうわけです。


【その2:中途解約できない】
ショッカー戦闘員  また、リース契約は基本的に中途で解約することができません
 これは意外と知らない人も多く、個人の場合はクーリングオフ制度を
利用すれば途中解約することができますが、残念ながらこの制度は事業者間の
取引では適応除外となっているので、会社経営者の方は注意が必要です。

 特に最近は悪徳業者などによる様々なトラブルも発生しているようなので
リース契約の際にはボッタクリ対策のためにしっかりと複数業者から見積もり
月額、総額、期間など契約内容をしっかりと確認する必要がありそうです。


リース契約時のポイントまとめ

【リース契約のポイント】
報告書  ということで、結局リース契約は不動産の賃貸か購入かくらい意見が
分かれるものなので一概にどちらが良いとは言えませんが、大事なことは
それぞれのメリットとデメリットを良く把握した上で現在の事業の状況に
マッチしたものを選ぶというスタンスが良いのではないでしょうか。

 ちなみに、個人的には基本はやはり購入というスタンスがおすすめで
どうしてもリースを利用したい場合は期間満了後に車両買取ができる
タイプの契約にしておくと満了時にその車両を業者に売ればまとまった
お金になるので便利です。


【リース契約のメリットとデメリットのまとめ】
○メリット
  • 全額経費で通る
  • 支出が毎月定額

○デメリット
  • 1回あたりの支払いが高額
  • 途中解約できない
関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015/11/25 10:28
  • -
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)