よく読まれている記事

最新『いすゞ』のリコール情報

最新『いすゞ』のリコール情報


いすゞの、2011年12月分のリコール情報をまとめました。

※リコールとは、自動車が道路運送車両の保安基準(自動車の安全上、公害防止上の規定)に適合しなくなるおそれがある状態で、その原因が設計または製作の過程にある場合、国土交通省に届け出て無料で修理をしてくれる制度です。



《いすゞ除雪車》
平成23年12月20日届出 / 届出番号:2870

不具合の状況
大型トラックにおいて、かじ取り装置のパワーステアリング高圧側ホースの固定方法が不適切なものがある。
そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ホースが損傷し、パワーステアリングオイルが漏れ、ハンドルの操作力が増大するおそれがある。


改善の内容
全車両、パワーステアリング高圧側ホース固定部のクリップを取り外し、パワーステアリング高圧側ホース、アイボルト及びガスケットを新品と交換し、当該ホースを位置決め治具を使用して固定するとともに、パワーステアリング低圧側パイプを対策品と交換する。



いすゞリコール除雪車対象車両
型式:LDG-SF5XL
車体番号:SF5XL-00101~SF5XL-00105
製作期間:平成22年8月6日~平成22年12月10日
対象車台数:5台

型式:LDG-SZ5YL
車体番号:SZ5YL-00101~SZ5YL-00120
製作期間:平成22年8月20日~平成23年7月20日
対象車台数:20台

《いすゞエルフ》
平成23年12月13日届出 / 届出番号:2868

不具合の状況
圧縮天然ガス(CNG)エンジン搭載の塵芥車において、フレームにフレーム補強材を固定しているリベットの一部が欠品しているものがある。そのため、走行時の曲げ、捩り入力等により、欠品しているリベット穴周辺に高応力が発生し、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、フレームに亀裂が入るおそれがある。


改善の内容
全車両、フレームとフレーム補強材の固定部のリベットが欠品しているリベット穴に、ボルト及びナットを追加する。



いすゞエルフリコール対象車両
型式:SFG-NKR82ZAN
通称名:エルフ
車体番号:NKR82-7001639
製作期間:平成23年8月28日
対象車の台数:1台

型式:SFG-NMR82ZAN
通称名:エルフ
車体番号:NMR82-7000975~NMR82-7001007
製作期間:平成23年7月19日~平成23年8月31日
対象車の台数:7台



※注意
1、対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれます。
2、対象車の製作期間はご購入の時期とは異なります。



詳しい情報はいすゞの公式サイトをご覧ください。
こちらでは自分の車がリコール、改善対策、の対象車両に入っているか ネットで調べることもできます。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)