Q:トラックの荷台からはみ出してしまう長さのものを運ぶにはどうすればいいの?

Q:トラックの荷台からはみ出してしまう長さのものを運ぶにはどうすればいいの?
2b.jpg

分解したりすることができない鉄骨や長いはしごを運びたいけれど、
トラックの荷台からはみ出してしまう長さのもの。
トラックの荷台に積める積載物の制限はいくつまでなのか?
そういう荷台の長さを超す長いものを運ぶときはどうすればいいのでしょうか?


A:制限外積載許可が必要となります。

鉄骨など貨物が分割できない積載物の長さが、車体の10分の1を超える場合は、制限外積載許可が必要となります。
出発地を管轄する警察署又は交番・駐在所に「制限外積載許可申請書」2通を提出し確認を受けてください。※運転手が2人以上いる場合は、全員を申請者として連記してください。

積載物の大きさ制限超過

長さ…自動車の長さにその長さの10分の1の長さを超える場合
 …自動車の幅を超える場合
高さ…3.8mからその自動車の積載場所の高さを減じた高さを超える場合

積載方法の制限超過

大型自動車、普通自動車の制限
前後…自動車の長さの10分の1の長さを超えてはみ出す場合
左右…車体の左右からはみ出す場合

※積載物の大きさの制限及び積載方法の制限は、車種によって異なっています。

交番で受理できる範囲

(東京都内から他府県に行く場合は、警察署で申請できます。)
長さ…全長15m以下(首都高速道路は12m以下)
幅 …自動車の幅以下
高さ…全高4m以下

警察署で受理できる範囲

長さ…全長20m以下(首都高速道路は12m以下)
幅 …全幅3.5m以下
    (車両の幅に1.0mを加えたもの以下で、左右のはみ出しがそれぞれ0.5m以下であること。)
    (首都高速道路は全幅2.5m以下)
高さ…全高4.3m以下(首都高速道路は、全高3.8m以下)

積載方法に関する禁止事項

●運転手の視野及びハンドル等の操作を妨げること。
●バックミラーに後方の状況が写らなくなること。
●外部から「方向指示器」「ナンバープレート」「ブレーキランプ」「尾灯」及び「後部反射鏡」が確認できな
 いようにすること。
 ※荷物は転落、荷崩れ等しないよう確実に結束してください。


おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.