よく読まれている記事

【罰金・点数が加算!】オービスってどれくらいの速度で反応するの?

違反となる速度や罰金・点数のまとめ

 道路を走っていると見かける「自動速度違反取締装置路線」の字。
オービスを警戒して、ちょっと速度を落とし気味で運転するよう意識
している人も多いでしょう。実際、制限速度よりも早く走っていた場合、
赤い光と共に写真が撮られてしまいます。

 その後、警察から罰金等の通知が届き、罰金などを支払うのですが、
一体あれは何キロ出すと撮影対象になってしまうのでしょうか?

 そこで今回はオービスの反応速度と罰則をまとめてみました。


そもそも……オービスって何?

【オービスとは】
オービス1  オービスとは、速度超過で運転しているドライバーを
摘発するための装置
です。

 その仕組みは、まずナンバープレートとその車、さらに運転手の顔
まで撮影。その後、撮影されたデータは警察へと送られ、
大体1ヶ月以内に通知が届くことが多いですね。

 なお、いまでこそデジタルですが、かつてはフィルム式のオービスが
主流だった為、撮られたとしてもフィルム切れで免れた時代もあったんですよ。


一体時速何キロになると撮影されるの?

【オービスに撮影される速度について】
イニシャルD  さて、速度超過取り締まりの番人のようなオービスですが、
一体何キロ出せば撮影対象になるのでしょうか?

 オービスに撮影されたという体験談や考察などをみてみると、
大体以下の速度で取り締まり対象とみなされるようです。

■高速道路 → 制限速度+40キロ
■一般道路 → 制限速度+30キロ

 ただし、これは警察の正式な公表でなく、
過去に撮影された人たちによるお話。
中には高速道路を30キロ超過で走っていたら
撮られた、という方もいるので、あくまで
目安程度
に考えてください。


オービスが赤く光った! どんな罰則が科せられる?

【点数・罰金について】
赤目  さて、この辺りでスピード超過をオービスに撮られてしまった際、
どのような罰則が待ち受けているのかをみていきましょう。

 点数については、高速道路・一般道路共に、速度超過50km未満で
6点、50kmを超えると12点
が加算されます。

 罰金に関しては簡易裁判で決定されます。相場は大体7~8万円ほど。
ただし、60km以上オーバーしている場合は10万円ほどに跳ね上がること
もあります。



つかまるとどうなるの?

【オービスに撮られ後について】
看板  オービスに捕まると、点数は6点以上加算されてしまうため、
免許停止処分を受けます


 また、免停講習を受ければ免停期間を短縮できますが、
講習料金は免停日数によって変動し、13,800円~27,600円と
なっています。

 仕事が車関係であったり、移動の殆どを自動車に依存している人に
とっては、かなり重い処分であるように思えますね。

 しかし、罰金が高いといえど、スピードを出し過ぎる方が
よくないのは火を見るより明らか。
万一事故を起こしてしまった場合、罰金・罰則・社会的立場の
崩壊はこの比ではありません。
「急がばまわれ」という言葉度通り、焦っている時こそ法定速度を
順守していきたいものですね。



関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)