よく読まれている記事

【点数や講習など】運転免許停止処分(免停)になったらどうすればいいの?

免許停止処分についてのまとめ

 安全運転を心がけるのは基本ではありますが、
何らかの事情により、もしくはふとした心の緩みから
交通違反を起こしてしまうのも悲しいかな人間のサガですね。

 縁がないのが一番ではありますが、今回は、
免許停止処分についてまとめてみました。


何点になったら免許停止になるの?

【違反点数と処分について】
点数  まずは、何点加算されると罰則されるのかを確認していきましょう。

 現在の道路交通法では以下のように制定されています。

■前歴0回………6点~
■前歴1回………4点~
■前歴2回以上……2点~

 なお、点数の高さにより免許停止期間は変わり、さらに点数が
高くなると免許取り消し処分となってしまうこともあります。


免停の通知はいつくるの?

【通知の時期について】
裁判所からの出頭命令  免許停止になるような事態になってしまった際に届く書類は、
「意見の聴取通知書」と「裁判所からの出頭命令」、「免許停止
処分者講習の案内」の3種類があり、大体10日~1ヶ月ほどで届きます。

 また、違反内容や点数によっては2ヶ月以上かかるケースも
あるので、心して待つ必要がありますね。



【いつから免許は停止になるの?】
 違反をしてしまったからといって、すぐに免許停止にはなりません。
前述の「意見の聴取通知書」に、意見の徴収日が記載されており、
その日から免許停止処分となります。

 そのため、意見の徴収に免許センターに行くときにはすでに免許停止と
なっているため、車で行くと無免許運転
となります。そこで取り締まりに
遭ってしまうと、さらに重い処分が下されることになるので、電車やバス
などの交通機関を使うようにしてくださいね。


講習があるって聞いたけど……?

【免許停止処分者講習について】
案内  免許が停止になると停止日数が決まるわけですが、その期間を短縮する
講習
が設けられています。ただ、受けるかどうかは任意になりますので、
不要だと思った人は受けずにスルーすることも可能です。

 また、講習を受けるのは有料。免許停止期間により、費用と短縮日が
変わってきますので、以下をご参照ください。

種類

短期(30日間)
中期(60日間)
長期(90日間以上)
費用

13,800円
23,000円
27,600円
短縮される期間

20~29日
24~30日
35~80日

 なお、短縮期間は講習の成績により左右されます。
成績をつけるのに見られるポイントは「講習を受ける態度」と
筆記テストの結果」なので、居眠りしていて聞いていないなどの
態度は厳禁ですよ。

 また、詳細を知りたい方は以前特集した以下の記事をご覧ください。

○免許停止処分者講習はどんな内容なのか教えて!
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-466.html




他にはどんな手続きが必要なの?

【免許停止を受けた際の手続きについて】
免許センター  ここまで免許停止について説明をしてきましたが、実際に処分を
受けたらどんな手続きが必要なのかをまとめました。

  1. 免許センターへ意見の徴収
     ここでは、「なぜ違反をしてしまったか」をドライバーが主張できます。
    場合によってはやむをえないとして、処分が軽くなることも。
    もし無断で欠席した場合は書類審査のみで処分が決定されてしまうので、
    極力出向くようにしましょう。万一出席できない場合は事前の連絡を
    忘れずに。
  2. 簡易裁判所へ出頭
     簡易裁判所に出頭して判決が下されます。
    裁判といえども、無罪になることはほとんどないため、変にゴネて
    心象を悪くしないように気をつけましょう。

 裁判が終わった後に罰金が下され、その場で支払いをする形になっています。
また、即納が無理な場合は振込用紙を発行してもらうことも可能ですよ。

 更に詳しく、免許停止処分の流れを知りたい方は、以前特集した
以下の記事をご覧ください。

○免停になったらどういう流れで処分が下されるの?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-471.html


関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)