よく読まれている記事

トラックにおける軸重の計算方法を教えて!

軸重の計算方法等まとめ

 積載量と同じくらい気をつかわなければけない軸重。
車検証には、非積載時の軸重は記載されてはいるものの
積載状態での値はいまいちわかりづらいですよね。

 そこで今回は、軸重の計算方法や違反時の
罰則について
まとめてみました。


そもそも…軸重って何?

【軸重とは】
軸重  まずは、軸重とはいったいなんなのか、確認していきましょう。
軸重とは、それぞれの車軸にかかる重量のことで、トラックの場合、
制限は10tと道路法にて決められています。



トラックの計算方法を教えて!

【2軸トラックの計算方法について】
計算  「車軸にかかる負荷」ということですから、軸の数や距離、
荷物の重心によって値は大きく変動します。また、車軸の数が
増えると計算方法が複雑になるため、ここでは整備士資格試験の
際によく使われる2軸のトラックを例に取ってみていきましょう。

 軸重を求める際必要なデータは以下のとおり。
どれも諸元表や車検表に載っているため、まず確認を
しておきましょう。

■ホイールベース(前車軸と後車軸の距離)
■空車事前軸重
■空車事後軸重
■荷台オフセット(荷台の中心から後輪までの距離)
■乗せる荷物の重さ(N)
■搭乗員の荷重(N)

 これらの値が確認できたら、次に荷物の全軸配荷重(x)を、
以下の計算式に当てはめます。

x=荷台オフセット×載せる荷物の重さ÷ホイールベース

 この値に、空車事前軸荷重搭乗員の荷重を合計したものが、
前軸にかかる荷重となります。

 ではここで、2,800kgの荷物を運んでいるトラックを、
55kgの人間が運転する場合を例にとって考えてみましょう。
なお、ホイールベースなどは以下の値に設定します。

例題
■ホイールベース→2,500㎜
■空車事前軸重→14,500N
■空車事後軸重→10,900N
■荷台オフセット→350mm
■乗せる荷物の重さ→2,000kg
■搭乗員の荷重→55kg

 まず、kgをNに換算するので、それぞれに9.8をかけます。

●2,800kgの荷物をN換算
 2800×9.8=19600N

●55kgの人間をN換算
 55×9.8=539N

 次に上記の計算式に当てはめます。

x=350×19600÷2500

x=2744

 そして、空車事前軸荷重と搭乗員の荷重を合計します。

2744+14500+539=17783

前軸の軸重=17,789N

 これをkgに戻すと1,814kgとなりますので、
上記の場合前輪の軸重は1,814kgとなりますね。



軸重が重すぎるとどうなるの?

【軸重違反の罰則について】
家宅捜索  さて、軸重への負荷が10tまでと決まっていることに関しては
冒頭でも述べましたが、これに違反してしまうとどうなるのでしょうか。

 実は、国道や高速道路の料金所には軸重計というものがあり、
その場で測定がされます。また、軸重が20tを超えている状態を
1ヶ月に2回以上確認された場合、警告書が発行されます。

 さらに、改善が見られない場合は、国に会社名や事業所所在地などを
公表
されます。

 それに加え、軸重違反で家宅捜索や検挙・告発される例は全国でも
珍しくありません。信用を失いかねない結果になる前に、日頃の確認が
大切ですね。



関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2017/03/21 10:40
  • -
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)