よく読まれている記事

トラックから家の車まで…交通安全祈願のお祓いについて教えて!

お祓いの金額や服装等まとめ

 お祓いというと、人が受けるのが一般的。しかし、
車にも安全運転・無事故のためのお祓いがあるのは
ご存知でしょうか。

 とはいえ、お祓いというと大層なイメージが
あり、興味があれども実行に移す人の割合は
少ないでしょう。

 そこで今回は敷居の高さを下げるべく、お祓いの
料金や出向く際の服装など
をまとめてみました。


お祓いっていつ受けるの?

【お祓いのタイミングとは】
ルイージマンション  お祓いというと大袈裟なイメージを持っている人も
多いかもしれません。しかし、お祓いを受ける理由は
人によってさまざまで、新車や中古車を購入したとき
車に関する事故や災難にあったときに交通安全祈願として
受ける人もいます。

 さらには免許とりたてのころの初心を取り戻し、気を
引き締めるため
に、といった理由でお祓いをうけるひとも
居るようですよ。

 また、神社や寺によっては、大型トラックの場合ですと
祈祷殿や敷地内に入れるスペースがなく、対応できないと
いうことも、稀にあるそう。なので、事前に確認しておく
と安心ですね。


どのような格好をしていけばいいの?

【お祓いの服装について】
服装  もちろん、お祓いに普段着で行くのは適していません。
とはいえ、冠婚葬祭でもないので正装をする必要はなく、
略礼服が一般的。略礼服とはどんな服装かというと、
以下の様な格好を指します。

男性

スーツ
ワイシャツ
ネクタイ



ダークカラーの無地
白のワイシャツ
白・グレー・ダーク系の無地
黒の革靴

 また、女性の場合は以下のようになります。

女性

フォーマルドレス
スカート
アクセサリー



ダークグレー
膝丈からくるぶしまで
真珠・黒曜石・黒べっ甲
装飾のない黒のパンプス

 女性の場合、ストッキングの着用を怠らないようにしましょう。


金額はいくらくらい?

【表書きにはなんて書けばいいの?】
のし袋  さて、お祓いにいく際に時々聞こえるのが、「のし袋に
なんて書けばいいのかわからない」という声。
のし袋に書く名目は、神社とお寺で違い、それぞれ以下の
ように決まっています。

■寺………祈祷料
■神社……初穂料

 ただし、お祓いのお金を袋に入れる・入れないは地域に
よって決まりがあります。気になる方は一度問い合わせて
みるのがよいでしょう。



【料金の相場はどれくらい?】
お金  最も気になるこの話。
実は、お祓い先の方針により料金はさまざま。
相場としては1台5,000~10,000円前後のところが多いようです。
お寺や神社によっては「お気持ちで」や「6,000円、
8,000円、10,000円」と段階別にわかれているところも。

 また、トラックの場合に特別料金になることはほとんど
ない
ようですが、こちらも一度電話やインターネット
などで確かめてからの方が確実です。




お祓いが終わったから絶対安心…というわけではありません

【お祓い後の心がけについて】
陰陽師  当然ではありますが、お祓いが完了したからといって、
必ずしも事故が起こらないといったことはありえません。

 安全を祈願したときの心を忘れずに、安全運転を心がける
ことが大切です。

 また、ほとんどのお寺・神社では1年後に、御札やお守りを
納めることになっていますので、なるべく行くようにしましょう。



関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)