自動車税を滞納したら、一体どうなる?

期限の過ぎた税の支払い方法等まとめ

 毎年春を迎えた頃に告知がやってくる自動車税。
しかし、日々の忙しさに追われ、いつの間にか支払期限が
過ぎてしまった…なんて声もよく聞きます。

 もちろん、そのまま踏み倒せるものではありませんので、
今回は支払い期限が過ぎてしまった際の行政の動きや延滞金
などについてまとめてみました。
自動車税はいつまでに払えばいいの?

【支払い期限日について】
いつまで  まずは、自動車税をいつまでに支払えばいいか確認していきましょう。
自動車税は毎年5月の末日までという納付期限が決められています。

 ただし、納付書に書いてあるとおり、7月の末日まではコンビニ支払いも
受け付けてくれます。また、自動車税について詳しく知りたい方は、
過去に特集した下記の記事をご覧ください。

○【平成25年度・自動車税QA】納付期限っていつなの?税額はいくらなの?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-424.html



支払期限が過ぎてしまった!

【延滞している税金はどこで払えばいい?】
コンビニ  納付書に記載されているコンビニでの支払期限も過ぎてしまった場合は
都道府県の税事務所に連絡し、支払い通知を再送を依頼するか、直接
税事務局に出向き、納付するという方法があります。
ただし、延滞金は税金を全て収めた後でないと計算ができません。
そのため、可能であれば税事務所に直接で向き、一度に払ってしまう方が
楽でしょう。

 税事務所の場所は、下記のサイトに全国のデータをまとめてありますので、
参考にしてみてください。

○厚生労働省 職場のあんぜんサイト
http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen_pg/SAI_FND.aspx



【延滞し続けているとどうなるの?】
延滞  もし支払いをしていなかった場合は延滞金が発生します。
支払期限の翌日から延滞金は発生し、日付がたつにつれてどんどん
額は増えていきます。

 延滞金は納付期限から一ヶ月以内ならば年7.3%、
それを過ぎてしまうと14.7%に膨れ上がります。

 また、延滞金は1000円以内は切り捨てとなっています。
多少遅れたとしても、早め早めに支払ってしまったほうが得ですね。


時効があるって聞いたけど…?

【自動車税納付の時効】
差し押さえ  お金の貸し借りに時効があるのは有名ですが、税金の納付にも
時効はあります。期間は納付期限から5年で、時効が成立すると、
自動車税の支払い義務はなくなる、と法律上では定められています。

 しかし、そんなのがまかり通っていたら、税金を納める人物は
限りなくゼロに近くなり、国家は破産するでしょう。
それを防ぐために(?)行政は差し押さえなどで強制的に
徴収をおこないます。

 差し押さえを食らうと事業や生活に支障がでるのは目に見えて
いますよね。さらに、自動車税を5年間滞納し続けた車は法律により
強制的に廃車扱いとなり、公道を走れなくなるため、自動車税の滞納は
おすすめできません。


おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.