よく読まれている記事

「前1軸・後2軸」と「前2軸・後1軸」って何が違うの?

前1軸・後2軸と前2軸・後1軸のメリットやデメリットまとめ

トラック1
 トラックといえども種類は様々。その違いはサイズから
荷台の形まで、幅広いバリエーションがありますね。

 そこで今回は、車軸の位置に注目し、前1軸・後2軸と
前2軸・後1軸、それぞれの違いとメリットやデメリット
まとめてみました。



前2軸・後1軸トラックのメリットやデメリットを教えて!

【前2軸・後1軸とは】
前2軸・後1軸トラック  前2軸・後1軸トラックは、右の画像のように前輪が
2軸、後輪が1軸
という構造をもつトラックのことです。


【メリット】
 では、前2軸・後1軸といった構造だと、どういったメリットが
あるのでしょうか。

  1. 直線を走るときは車体が安定する
  2. 発進・ブレーキ時にかかる慣性の力が比較的少ない
  3. バックがしやすい
  4. 前1軸・後2軸よりもタイヤが少ないためコストが削減できる

 直線走行では揺れづらく、高速道路などの運転に
向いている
タイプですね。また、加速・減速時の揺れが
比較的少ないため、宅配業などでの使用が向いています。


【デメリットについて】
 高速道路で安定した走りを見せてくれる前2軸・後1軸ですが、
デメリットもあります。

  1. 小回りがきかない
  2. トラクション(カーブでの減速・加速)が乏しく、雪道に弱い

 小回りがきかないため、市街地での運転には不向き
のようですね。


前1軸・後2軸トラックのメリットやデメリットを教えて!

【前1軸・後2軸とは】
前1軸・後2軸トラック  前1軸・後2軸トラックは、右の画像のように前輪に
1軸、後輪が2軸
ある構造のトラックです。


【メリットについて】
 では、前1軸・後2軸といった構造だと、どういったメリットが
あるのでしょうか。

  1. 比較的燃費が良い
  2. ホイールベースが短く小回りがきく
  3. 悪路でも走行しやすい

 後ろにタイヤが4つあるため、小回りがきき、市街地でも
運転しやすい
のが特徴。使い勝手がよく、トラックの形状では
最もメジャーなタイプです。


【デメリットについて】
 市街地でも快適な運転を実現させる前1軸・後2軸には、
どういったデメリットがあるのでしょうか。

  1. 荷物の重心の位置により前タイヤへの負荷が極端にかかり、
    方向転換がしづらくなる。
  2. 旋回時に後輪が遠心力を受け、いわゆる「尻振り」という
    状態になる

 重心の位置により運転に影響を受けるため、液体などの運搬には
向いていない
タイプとなっています。


前1軸・後2軸の2デフという機能は一体なに?

【2デフ車の性能について】
デフ  前1輪・後2輪のものには、2デフと呼ばれるタイプも
存在します。

 そもそも、デフとは一体なんなのかというと、カーブで
内輪と後輪の回転数に差が出る際、一方が空回りしないよう
自動的に回転数を調整するもののこと。これが後ろ2軸の
後前、後後輪にあるもののことを2デフと言います。

 メリットは、駆動輪が多いため、ぬかるみや雪道などの
悪路でも走行できる
こと。そのため、ダンプやミキサー車など、
工事現場で活躍するタイプの車に多い形状です。


関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)