関西の本当に"国道"なのか疑いたくなる"酷道"まとめ

関西にある酷道の動画や地図等

酷道1
 続々と道路の舗装が進み、コンクリートではない道をほとんど
見なくなった現代。快適なドライブのために、多くの人は綺麗に
舗装された道路にありがたみを感じますが、その対局に位置する
ような道、通称「酷道」が一部の人達から人気を集めているよう。

 今回はそんな愛好家に人気な酷道を、関西にスポットを絞り、
調べてみました。
酷道について

【酷道とは?】
酷道2  そもそも、「酷道」が何を意味するかというと、「自動車が
走行するのは困難なほど酷い道路環境なのに国道と認定されて
いる道路
」のこと。漢字は、「国道」とかけたものですね。

 困難な道を走行するのが好きだという一部の愛好家たちからは
熱い支持を得ているようですが、転落による事故も多発しているため
通行止めになったり、整備が進められたりして、走行できる「酷道」は
年々数が減っています。

関西にある酷道たち

【国道477号線】
国道477号線  三重県四日市市から始まり、滋賀県を越え琵琶湖に沿って回り、
京都方面へと向かう国道477号線。この酷道の特徴は、なんといっても
百井別れ」と呼ばれるV字のカーブ路。

 「百井別れ」では、ほぼ180度向きを替える必要があり、切り返しの
必要な酷道として有名になりました。また、切り返しが終わっても、
上り坂となった細い1車線道路を走行しなければなりません。


【国道429号線】
国道429号線  岡山県倉敷市から、京都福知山市に至る国道429号線。
岡山県内では整備が進められているが、兵庫県との県境に
ある志引峠を過ぎると未整備の道路が続きます。

また、京都府丹波市から福知山市にかけて続く榎峠に
差し掛かかると道が狭まり、日本屈指の狭さをほこる
国道となっています。


【国道488号線】
国道488号線  島根県益田市から広島県廿日市市に至る国道488号線。
路肩崩落や落石のあるばかりか、路肩にはガードレールも
ない蛇行した道が続きます。

 過去には転落による死亡事故も発生するほど危険な道で、
冬は積雪・凍結があるため通行禁止となる道です。


まとめ

【酷道の通行について】
酷道418号線  いかがでしょうか? 先進国と呼ばれて久しい日本でも
いまだにこういった道が存在しているのは驚きですね。

 また、以前にも紹介しましたが、「ベストオブ酷道」と
呼ばれる国道418号線は他の酷道とは一線を画しています。



 しかしながら、動画をご覧になるとわかるように、
なかには生命の危機を感じるような道もありますし
実際に通行するのはオススメできません。

 とはいえ、こういった酷道たちも国が整備を進め、姿を消し
始めているのもまた事実。もし近くを通ることがあったら、
なくなってしまう前にちょっとだけ覗いてみるのもいいかも
しれませんね。
おすすめ記事
関連記事


Comment

山奥の国道488号に狂犬が現れて祟りをおこす話があります。どうか皆さんもお気をつけください。
  • 2016/02/07 13:54
  • -
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.