ドラレコで録画した映像の保存期間は何日くらいが目安?

ドラレコについて

 ドラレコとはドライブレコーダーの略で、事故前後の
車両の情報を記録するための録画装置です。
 トラック業界では、乗用車に先んじて義務化されているので
ドライバーの方にとっては、身近な存在ですよね。

 録画した映像は、苦情が来た時に確認する目的で使用されたり
万が一事故を起こしてしまった時の証拠として用いられます。
 そのため、映像はある一定期間保存しておく必要がありますが
一体、動画はどれくらいの期間保存しておくべきなのでしょうか。
ドラレコの録画方式

【イベント録画方式】
録画ボタン  ドラレコの録画方式は、大きく分けて2種類に分けることができます。
 まず、一つ目はイベント録画方式で、これはボタン操作によって任意で
録画することができたり、自動車に何らかの衝撃があったときに録画される
タイプです。
 録画時間が短いのが特徴で、アクションから前後数十秒が録画される
仕組みで、主にタクシーや乗用車に取り付けられることが多いですね。


【常時録画方式】
ドラレコの使用風景  二つ目は常時録画方式で、こちらは主にトラックに採用されている
タイプです。
 名前の通り録画時間が長いのが特徴で、最大で16時間以上連続で
撮影できる機種もあります。

 しかし、常時録画方式は容量がいっぱいになってしまえば
古い映像はどんどん上書きされていってしまうのが難点。
 これでは、ドラレコを付けている意味がなくなってしまうので
別の場所に保存しておかなければなりません。

 ではどのように保存すればいいのでしょうか。


保存場所と保存方法について

【どこに保存すればいいの?】
SDカード  ドラレコで録画した映像を保存するにはパソコンを用います
 今販売されているドラレコのほとんどはメモリースティックや
SDカードに保存するタイプが多く、パソコンに挿すだけでドラレコから
パソコンに映像を移動することができるようになっています。

 SDカード方式以外のものや、PC側に差し口がないときなどは
パソコンのUSBと繋ぐケーブルが市販されているので、それを利用
することでパソコンにデータが移動可能です。


【どうやって保存するの?】
SDカードリーダー  保存方法は事業所によって異なり、ドライバーごとに保存するところや
車両ごとに保存するところの、主に2パターンに分かれているようです。

 一日に乗車するドライバーがコロコロ変わるような場合は車両ごとに
保存して、乗る車両が固定されている場合はドライバーごとに保存するのが
良いでしょう。


保存期間はどれくらいなの?

【どれくらいの期間保存すればいいの?】
クロネコヤマトの朝礼  しかし、保存すると言っても大手にもなると、100人以上または
100台以上のデータを保存しなければいけないという企業もあります。
 そうなると、パソコンが何台あっても足りませんね。

 ということは、ある程度のスパンでPC上のデータを消去する必要が
ありますが、このデータはどれくらいのスパンで削除していけば
良いのでしょうか?


【保存期間について】
 実は、保存期間は企業によってバラバラです。
 一週間保存するところもあれば、3日、1日というところもあります。
 他にもパソコンには一切移動せず、上書きの繰り返しなんてところも…。

 なので保存期間に関しては、基本的に会社の取り決めに従っていれば
問題ありません。

 しかし、トラブルを起こしやすいドライバーに関しては密かに
すべての記録を保存している、なんて企業もあるようです。
 なので、記録が破棄される期間が決まっているからといって
安全運転を軽視するのはなるべく控えた方が良いでしょう。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.