よく読まれている記事

トラックの営業ナンバーを取得する方法とは?

営業ナンバー取得に必要な手続き等まとめ

 緑ナンバーといえば、事業を開始するためには欠かせない
もの。しかし、いざ自分が運輸業を始めるとして、どのような
手順を踏めば、それが手に入るか知らない方のほうが多いのでは
ないでしょうか。

 そこで今回は、営業ナンバー取得方法をまとめてみました。


営業ナンバーとは?

【営業ナンバーについて】
緑ナンバー2  営業ナンバーとは、緑のプレートに白地の数字が記載されている
ナンバーのこと。その見た目から「緑ナンバー」とも言われていますね。

 もし、白ナンバーとの違いが気になる方がいらっしゃいましたら、
以前に特集した以下の記事をご覧ください。

○トラックの白ナンバーと緑ナンバーの違いって?
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-282.html

 運送業を始める際には、このナンバープレートに付け替えなければならず、
様々な審査や試験が必要です。

 では、それらの手順について、さっそく確認していきましょう。


許可申請前の準備について

【営業許可を取得するにあたり準備するもの】
こども1  営業を始めるといっても、何もない状態での許可はおりません。
営業所や車両、車庫の確認など、許可基準にあった要件を確認し、
必要な書類などを揃えます。

 また、従業員にも規定があり、運行管理者や整備管理者がいなければ
なりません。(許可申請時には"選任予定"または"確保予定"の状態でも可)

 さらに、営業を始めるにあたり、人件費や燃料費、車両費などを
見積もり、「資金計画」を作成する必要があります。これらの値は、
自分が用意している資金の半分を越してはいけません。


運輸局に許可申請を申請する

【運輸局への許可申請に関して】
ねこ  必要な書類や人材が揃ったら、管轄の運輸局の貨物担当窓口に「新規許可
申請書」を提出
しましょう。書類は支局でもらえますし、運輸局の
ホームページ上でもダウンロードができます。

 申請をすると、役員の法令試験の案内が届きます。
許可の申請者が受講者となり受験しますが、試験に合格しない限り、
営業許可はおりず、緑ナンバーとしての登録はできません。


【試験に合格した場合】
 合格した場合にのみ許可申請書類の審査がされます。期間は3ヶ月ほどで、
審査に合格すると通知が来ます。それと同時期に「登録免許税」の納付書が
届きますので、期限までに払いましょう。支払いが完了されないときには
許可は失効となります。

 無事に税を納めると、「通行許可交付式」の開催の連絡があります。
出席は代表者のみで問題ありません。


事業開始までの流れについて

【許可取得後にするべきこと】
書いている人  許可を交付してもらったら、まず以下の様な設備・福利厚生のための
用意が必要となります。

  • 会社の登記
  • 事業設備の整備
  • 備え付け書類等の整備
  • 労働基準監督署への届出
  • 社会保険・労働保険の加入
  • 適性診断の受診

 上記の件に加え、運行管理者・整備管理者の届け出をします。
その後、運輸局にて事業用自動車の車両登録(営業ナンバーの取得)
おこないます。運行管理者・整備管理者の届け出が未提出の場合は
登録できませんので、お気をつけください。

 営業ナンバーの取得が終わったら、下記の書類を提出し、営業開始と
なります。

  • 運賃及び料金の設定届出
  • 運輸開始届

 なお、許可後1年以内に運輸開始届を提出しないと、許可は失効となります。
せっかく膨大な手間や時間、お金をかけて用意したものですから、
きちんと期限に間に合うよう、計画を立てて準備を進めてくださいね。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)