アルコールチェックの記録方法や保管期限って?

酒気帯び点検の記録保管期限や罰則など

 飲酒運転への取り締まりが厳しくなって久しい現代。平成23年5月からは
運送業などの事業所でおこなう毎日の点呼に、アルコール検知器を使った
酒気帯びの点検が義務化されましたね。

 しかし、この点呼について、保管期間や実施方法がわからず戸惑っている
運送業関係者も多い様子。そこで今回は、酒気帯び検査の記録方法や
保管期間など
についてまとめてみました。
酒気帯び運転の検査方法は?

【アルコールチェッカーの選び方について】
アルコール検知器  さて、「飲酒の検査をしてください」と言われ、検査機の導入を検討し、
いざ機械を探してみると、たくさん種類があり、どれを使えばいいか分からず
困った方も多いのではないでしょうか。

 厚生労働省が推奨している検知器はなく、以下のようなチェッカーでも
OKだそうです。

  • 数値ではなく「赤・青・黄」のランプで表示される
  • 測定数数が0.05未満の場合は0として表示される
  • 数値が自動で印字されない
  • 自動車に備え付けのアルコール検知器(アルコールインターロック装置)

 こうしてみると、厚生労働省では細かい規定はないようですが、
事業所によって導入する機種が据置型か携帯型かを考慮した方が
いいでしょう。

 例えば、事業所にドライバーを集めるのが難しい場合、携帯型の
方が手軽に点検をおこなえます
。これが事務所に据置型となると、いちいち
ドライバーを事務所に集める必要があるので、時間的なコストは
かなりのもの。

 また、裏を返せばドライバーを事業所に集められるのであれば、
据置型の方がコストダウン
ができます。なにせ、装置をひとつ
購入すれば全員分まかなえるのですから、全員分購入する必要がある
携帯型とは初期費用の差は歴然ですよね。


点検後の記録について

【酒気帯び検査表の書き方は?】
記録方法  アルコールの検査をしたあとは、「点呼記録簿」に
結果を記入します。

 具体的な数値を記録する必要はなく、次のような書き方でOKです。

  • アルコール検知器使用の「有・無」
  • 酒気帯びの「有・無」

※点呼記録簿サンプル(画像クリックで拡大)
日常点検表

 また、アルコール検知器自体のメンテナンス結果を記録する必要もありません。


【保管期限は?】
保管  では、この記録はどれくらいの間保管しておくべきなのでしょうか?

 厚生労働省によると、扱いは「点呼記録簿の項目のひとつ」なので、
保管期間も同様に、1年と定まっています

 しかし、ある弁護士は保管期間は3年が好ましいと発言しています。
というのも、未払賃金の請求は、2年前まで遡ることができ、その間の
労働体制の証拠とするためだそう。会社と雇用者側に賃金面での合意が
あればこのような問題は考えづらいですが、念を入れておくにこしたことは
ないでしょう。


【IT点呼の場合は?】
IT点呼  また、最近話題のIT点呼においても記入方法と管理機関は
通常点呼と同じ
です。

 ただし、IT点呼の場合、点呼をした営業所と、点呼をされた営業所双方で
記録の保管が必要となりますので注意してください。


保管していないとどうなるの?

【記録簿を保管してなかった際の罰則について】
処分  運送会社では、様々な記録すべき書類があり、煩雑に思う人も
多いでしょう。しかしながら、保存期間を守らないと、保管する
手間よりもはるかに厄介な処分が待っています。

 10月末の段階で「事業停止」処分を受けた運送事業者は全国で60社を数えており、昨年(63事業者)を上回る状況になっている。物量の減少と運賃低迷、燃料油価格の高止まりなど厳しい経営環境でのやり繰りが続いており、遊休車両を抱える余裕もない。仮に長期間の車両停止にでもなれば、それにともなう収入減が企業の存亡に直結する事態だが、それが事業停止処分なら死刑宣告にも等しいのが実情だ。

(中略)

一方、事業停止の処分を受けた別の社長によれば「点呼が未実施の場合は記録、保存の項目も当然ながらダメなわけで、これだけで違反は三つ。うちの場合は全体の3割ほどで点呼の未実施を指摘されたが、事故を起こしたドライバーが無資格運転(悪質違反)だったことで、この3つだけで100日車近くになるとの説明を受けた」。実際には前述した「半減システム」で点呼の違反部分は50日車ほどになったが、点呼の完全実施が簡単ではない運送現場にとっては深刻な問題だ。

 この場合は、点呼を実施していないことから芋づる式に
処分が加算されたケースですが、保管していなかったことを
誤魔化そうと、点呼記録簿の「改ざん」をおこなった場合、
30日間の営業停止処分となることもあります。

 また、監査が入るのは概ねドライバーが違反をしたときですが、
なかには抜き打ちでチェックが入ることもあるので、普段から
点呼の実施・記録の保管をおこなうことが大事ですね。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.