よく読まれている記事

【罪に問われる?】車で動物を轢いてしまったときの対応は?

車で動物をはねてしまった場合の罪や保険、連絡先等まとめ

 車を運転していると、予期せぬタイミングで犬や猫、鹿などの
動物が飛び出してくることがあります。そして誰しもが運良く
衝突を免れるわけではありません。

 メンタル面での落ち込みはもちろんですが、事故の衝撃により車の修理が
必要になり保険適応の範囲内なのか、または遺体の処理をどうするべきか
わからず、戸惑ってしまう人も多いでしょう。

そこで今回は車で動物をひいてしまった場合の対応をまとめてみました。


動物を轢いたら有罪なの?

【動物をひいた場合の罪について】
有罪無罪  誰も好き好んで動物を轢くようなことはないでしょうが、
避けられずに轢いてしまった場合は罰則があるのでしょうか。

 現在の道路交通法によると、動物を轢いた場合の規定はなく、
罪に問われることはなく、減点や罰金などの罰則が科せられる
こともありません
。しかし、事故自体は「自損事故」として警察に
届け出なくてはなりません。

 また、轢いた動物がペットや家畜など、飼い主がいる場合には
器物破損」として罪に問われる可能性がありますので、賠償を
求められたら応じましょう。


保険は使えるの?

【動物との事故に対する保険の見解について】
猫注意  さて、イノシシや鹿など、大型の動物とぶつかった場合は
車体にも相当なダメージがかかり、修理が必要となるケースも
多々あります。保険を使いたいという人も多いでしょうが、
この場合は前述のように「自損事故」扱いとなります。

 そのため、保険によっては対象外とされてしまいますので
自分が入っている保険を今一度確認してみてください。

 また、保険を適用する際には交通事故証明書を発行するためにも
警察を呼んだほうが無難でしょう。


動物の死体はどう処理するべき?

【動物と衝突した際の連絡先】
電話する人  では、轢かれた動物の死体を目撃した場合の連絡場所を確認して
みましょう。

  • 一般道…………管轄の市町村役所または保健所
  • 国道・県道……管轄の都道府県土木事務所
  • 高速道路………各地のNEXCO

 とっさのことで、「どこに連絡していいかわからない」という
場合は、「道路緊急ダイヤル」がおすすめです。

 これは、国土交通省がおこなっているサービスで、【#9910】と
発信するだけで、管轄の部署につないでくれるというもの。
国道・県道・高速道路などすべての道路に対応しているので、
どこに連絡するか迷ったらここにかければ大丈夫です。


轢いてしまったショックから立ち直れない…

【衝突後のメンタルケアについて】
お祓い  これまで事務的な手続きの話をしてきましたが、動物をはね
命を奪ってしまったことに対し、ショックを受ける人は多いようです。

 北海道の一部では、動物をひいた場合に手を合わせて解体し、
食料とするそうですが、動物を捌く技術のある人もそうそういませんよね。

 轢いてしまった人の体験談をみると、メンタルケアとして一番メジャーな
方法は、車に塩を撒くこと。ただし、撒いた後はそのままにしておくとサビの
原因となりますので、綺麗に洗い流してくださいね。

 また、塩だけじゃ不安という方は、お祓いしてもらうのもよいでしょう。
交通安全の神社や、ペットの霊園などでおこなっている場合もあるので、
探してみてはいかがでしょうか。


関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)