【ブレーキが急に効かなくなる】ベーパーロック現象の原因と対策って?

ベーパーロック現象の原因と予防策などまとめ

 2013年2月、大分県の観光バスが線路に転落し、42名の方が
重軽傷を負う事故が起きました。警察の調べによると、事故原因は
「ベーパーロック現象」ではないかとされています。

 このような惨事を引き起こしたベーパーロック現象とは一体
何なのでしょうか。その原因や対策をまとめてみました。
ベーパーロック現象の原因について

【ベーパーロック現象とは?】
気泡  まずは、「ベーパーロック現象(またはヴェイパーロック現象)」の原因や
メカニズムについてみていきましょう。

 普通、車のブレーキをかけると、熱が生まれブレーキオイル内の水分が
沸騰し、気泡が発生します。本来、液体を使えば効率よく制動装置に圧力を
伝えられますが、気体では簡単に圧縮されてしまい、ブレーキペダルの
力がブレーキの装置まで伝わらず、ブレーキがきかなくなってしまう

という現象です。

 ただ、何もせずに突然発生してしまうようなことはなく、
スピードを出している際に急ブレーキを踏んだり、長い
下り坂などでフットブレーキを使い過ぎたときに発生します。


ベーパーロックを未然に防ぐには?

【ペーパーロック現象の予防について】
エンジンブレーキ  次は、ブレーキが効かなくなるという恐ろしい体験を未然に
防ぐためにも、予防法についてみていきましょう。

 ベーパーロック現象の原因は上記の通り、フットブレーキの
酷使によるものです。そのため、長い下り坂などでは
フットブレーキに頼りすぎず、エンジンブレーキをうまく併用
していくといいでしょう。

 また、マニュアル車はアクセルを緩めるだけで自然にエンジン
ブレーキがかかりますが、オートマの場合はそうもいきません。
スイッチをオーバードライブOFFに切り替え
セレクタのポジションを「ドライブ(D)」から
「セカンド(2)」または「ロー(L)」に合わせると
エンジンブレーキが利くようになります。

 さらに、ブレーキオイルが劣化し気泡が溜まっている状態では
ペーパーロック現象が発生する危険性が増します
ので、自家用車の
場合は2年に1回ほどのペースで変えるとよいでしょう。

 また、いくら“突然”ブレーキが効かなくなるとはいえ、
その前兆はあり、ベーパーロック現象を体験したドライバーに
よると、直前には普段よりも深く踏み込まないとブレーキが
効き始めなかった
そうです。

 少しでもブレーキに違和感を感じたら、フットブレーキの
濫用や急ブレーキなどを極力避け、すぐに整備工場やディーラーに
駆け込んでください。


運転中に突然ブレーキが効かなくなった!

【運転中にペーパーロック現象が起きたら?】
運転中  では、万一運転中にベーパーロック現象が起きたら、
どう対処すればよいのでしょうか。

 まず、マニュアル車の場合はギアを段階的に下げ、エンジン
ブレーキを使用し、速度を下げていきま
す。

 一方オートマ車の場合は、オーバードライブのスイッチをOFFにし、
シフトチェンジを繰り返して制動させます
。また、徐々にハンド
ブレーキを引き、少しずつスピードを落としていきましょう。
間違っても、ハンドブレーキは一気にひいてはいけません。スリップの
原因となります。

 と、ここまで対処法を説明しましたが、急に起こるアクシデントに対し、
こんな模範解答みたいな動きができる人間はごく一部でしょう。
また、上記の方法も一歩間違えればさらなる事故につながりかねません。

 そこで推奨するのが、ガードレールや壁にこすりながら停車させるという
方法。教習所ではすぐ横にハンドルを切って路肩へ突っ込むという方法も
教えているようですね。当然ながら車体へのダメージは避けられませんが、
他者を巻き込まないためにはやむをえないでしょう。

 下の動画は、坂道で急にブレーキの効かなくなった車の様子です。
原因はベーパーロック現象ではないかと言われていますが、
やはり突っ込んで止めるしかなかったようですね。



おすすめ記事
関連記事


Comment

動画にある韓国の場合はペーパーロックとかではなく、コンピューター制御によるバグ暴走ですね。
ヒュンダイ車の暴走で検索すると沢山出てきますよ。
  • 2015/11/07 06:08
  • 名無しさん@ニュース2ちゃん
Re: タイトルなし
> 動画にある韓国の場合はペーパーロックとかではなく、コンピューター制御によるバグ暴走ですね。
> ヒュンダイ車の暴走で検索すると沢山出てきますよ。

情報提供ありがとうございます。
「ペーパーロック現象」の動画を改めて探してみます。
  • 2015/11/10 10:26
  • トラック相談所
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.