よく読まれている記事

ナンバープレートが盗難された場合の再発行手続きって?

ナンバープレート盗難被害にあった場合の再発行手続き等まとめ

 ある朝、いつものように仕事に行こうと思ったら、愛車の
様子が何かオカシイ。よく見ると、ナンバープレートが
なくなっている! ……という事件が近年多発しています。

 ナンバープレートが盗まれた場合、公道を走れなくなるのは
なんとなく想像がつきますが、他には一体どういう手続きが
必要となるのでしょうか。

 そこで今回は、ナンバープレートを盗まれた場合に必要な
再発行の手続きと費用などをまとめてみました。


盗難被害を受けた際の再発行手続きについて

【警察へ連絡】
警察  まず、ナンバーの盗難が発覚したら、すぐに警察へ連絡し、
盗難届けの「受理番号」をもらいましょう。
この「受理番号」がないと、再発行の手続きができません。

 また、万が一盗まれたナンバーをつけた車両で犯罪を
犯した場合、まっさきに疑われるのは所有者であるあなたです。


【市役所で仮ナンバーの取得】
仮ナンバー  警察から「届出番号」を教えてもらったら、さっそく
再発行の手続きをしましょう。

 再発行の手続きは全国の陸運支局でおこないますが、
ここで注意したいのが、陸運へはナンバーをつける車を
持っていかなければならない
という点。当然、ナンバーが
ないまま走ると道路交通法違反ですので罰則の対象となります。

 そこで、陸運局へ出向くよりも先に、市役所で仮ナンバーを
取得
します。手続きの際には、次のような書類が必要です。

  • 申請書
  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 印鑑(個人:認印、法人:代表者印)
  • 免許証

○費用
750円(区市町村によって前後することも)

 また、仮ナンバーは有効期限がありますので、ナンバーの再発行が
済んだら、仮ナンバー取得時にもらった「証明書」とともに返却しましょう。


【運輸局(陸運支局)でナンバー再取得】
運輸局  仮ナンバーを取得したら、その車に乗って運輸局へ向かい、
ナンバーの再発行・再取得をしましょう。ナンバーをつける車両が
ない場合はナンバーの再発行・再取得はできないので気をつけてください。

 また、この際には次の書類が必要となります。

  • 車検証
  • 理由書
  • 印鑑
  • (あれば)ナンバープレート

理由書:テンプレート例(※画像クリックで拡大)
サンプル

 理由書は申請書と共にもらえます。また、インターネットで
テンプレートのダウンロードができますので、事前に記入したものを
用意してもいいかもしれません。

○費用
1,480円(区市町村によっては書類代20~50円がプラスされることも)

 「理由書」には次のような事項を記入します。

  • 車両番号
  • 車台番号
  • 盗まれた日付
  • 盗難届をだした日付
  • 届け出を受理した警察署名
  • 受理番号

 また、都道府県によっては、盗まれたナンバーが犯罪に悪用される
リスクがあるため、同じ番号は取得は不可能。同じナンバーでも大丈夫、
というところでも、同様の理由でオススメはできません。


ナンバープレートの盗難に有効な対策はある?

【盗難防止ネジのススメ】
分解  さて、お金がかかるうえに、面倒な手続きを踏まなければ
ならない再発行の手続き。どうにか未然に防ぎたいですよね。

 実は、カーショップなどでは「ナンバープレート盗難防止ネジ」
というものが売られており、大阪府では“無料取り付けキャンペーン”が
おこなわれた実績があります。

 お値段も1,000円以内で買えるものがほとんどなので、被害に
遭う前に取り付けておくと安心ですよ。


関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)