よく読まれている記事

エンジンブレーキを使うと燃費が向上するって本当?

エンジンブレーキで燃費向上

 「エンジンブレーキを使うと燃費が良くなる」なんて話は自動車を
運転する方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 エンジンの回転数など、それなりの理屈があって"イイ"らしいですが
その一方で、「エンジンに負担がかかるから辞めたほうが良い」といった
悪い噂もあったり…。

 果たして、エンジンブレーキの使用は良いのか?悪いのか?
 ということで、今回はそんなエンジンブレーキがもたらす良し悪し
ついてまとめてみました。


そもそもエンジンブレーキとは?

【エンジンブレーキって何なの?】
ランボルギーニのエンジン  さて、燃費の話を始める前に、「エンジンブレーキってどこにあるの?」
という人がほとんどだと思うので、まずはその辺の説明から。

 実は、エンジンブレーキは車とエンジンの状態を表す言葉であって
フットブレーキやサイドブレーキのように装置そのものが車の機能として
搭載されているわけではありません。

 踏んでいるアクセルを放すことで、車はスピードとエンジンの回転が
落ちますが、この原理そのものがエンジンブレーキと呼ばれているんですね。

エンジンブレーキの仕組み

 ちなみに、ギアをダウンすることでも回転が抑制され制動力が働きますが
これも「エンジンブレーキをかける」と言います。


エンジンブレーキを使うと燃費は良くなるの?

【エンジンブレーキと燃費の関係】
ギア  自動車のエンジンは、エンジンブレーキをかけるとコンピューターの
制御によって燃料カットが働きます。この時、エンジンは回り続けますが
燃料はエンジンに供給されない状態になります。
 つまり、燃料カットが効いている区間では燃料の消費がなくなるので
燃費向上が実現します。

 燃料がカットされているのにエンジンや自動車が動き続けるというのは
不思議に思う方もいるかもしれませんが、その後は車に働く慣性によって
ゆっくりと減速していくので急制動の心配はありません。


【エンジンブレーキのデメリット】
 しかし、そんなエンジンブレーキにも注意すべき点があります。

 エンジンブレーキはギア比が低ければ低いほどブレーキの利きが
良くなるという性質がありますが(6速<5速…<1速)、エンジンが
高回転状態の時に4速→1速などの急なギア切り替えを行ってしまうと
エンジンの回転数がさらに上がり、エンジンとトランスミッションに
大きなダメージ
を与えてしまうんです。

 シフトダウンによるエンジンブレーキは、燃費向上のために必要な
テクニックですが、急な操作はタイヤからエンジンを逆回転させる
ようなものなので、急激かつ過度な使用は絶対に止めましょう。


燃費と自動車にやさしい運転方法

【エコドライブ】
エコカー  以上のことを踏まえて、自動車にも燃費にも負担のかからない運転を
するために気をつけるポイントが全部で3つあります。

1. 無理なシフトチェンジによるエンジンブレーキをしない
無理にギアを下げると多少のショックとともに、「ブイ~~ン!」という
大きなエンジン音が鳴りますが、この状態はエンジンに非常に大きな
負担がかかっている状態なので、絶対に行わないようにしましょう。

2. フットブレーキをなるべく使わない
エンジンブレーキはアクセルを離すことで起こる燃料カットによって
実現するものです。ガソリンの消費を抑えようとする場合には
なるべく早くアクセルを離してフットブレーキの使用を抑えましょう。

3. 急すぎるエンジンブレーキをしない
エンジンブレーキの最中は、減速中もブレーキランプが点灯しません。
場合によっては後続車に追突されるおそれもあるので、急激な
エンジンブレーキは絶対に行わないようにしましょう。
もしも、効き過ぎてしまった場合はギアをニュートラルに入れると
ある程度スピードをコントロールすることができます。

 とはいえ、何と言っても一番のコツは"無理の無い、普通の運転をすること"
 運転は一度慣れてしまうと、ついつい自己流の運転になってしまいがちなので
多少の燃費を気にするよりかは、安全運転で無事故を目指すのがまず第一ですね。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)