タンクローリー運転手の年収と必要な資格が知りたい!

タンクローリーの運転に必要な資格や年収のまとめ

 タンク車、ローリー車などとも呼ばれているタンクローリー。
トラックの積み荷の形が違うだけ、と思われがちですが、実は
必要な資格などはまったく変わってきます。

 そこで今回は、タンクローリーの運転に必要な資格や給与などを
まとめてみました。
タンクローリーとは?

【タンクローリーについて】
タンク車  タンクローリーとひとことで言っても積んでいるものは
様々で、おおまかに分けると下記のように分類できます。

  • 危険物(ガソリン、劇薬など)
  • 食品(はちみつ、シロップなど)
  • 飲料水(牛乳、ジュースの原液など)
  • セメント
  • 高圧ガス

 また、積載するものによってタンクの形が楕円型か真円型かに
別れます
。真円型は内部からの圧力を均等にかけるためであり、
主に高圧ガスの運搬に使われます。一方の楕円型は、重心を低くして
安定させたり、全高をおさえたりする目的があり高圧ガス以外の運搬物は
主にこちらの形が採用されています。

●真円型
タンク車1
●楕円形
タンク車2


免許や資格は何が必要なの?

【タンクローリーの運転に必要な免許・資格】
危険物取り扱い資格  タンクローリーの運転は、大型自動車免許が必要です。それに加え、
車両重量が750kg以上の場合は「けん引免許」が必要となります。
現在使われているタンクローリーの大半が750kgを越えるため、
ほぼ必須の資格といってよいでしょう。

 また、タンクローリーの中身によっては、さらに資格
必要になります。

○必要な資格一覧

ガソリン、軽油、灯油など
毒物
高圧ガス





危険物取扱者4種
毒物劇物取扱責任者
高圧ガス移動監視者講習の終了/
高圧ガス製造保安責任者

 ちなみに、火薬の運搬に資格は必要ありませんが、
運搬するたびに都道府県の公安委員会から運搬証明書
うけて、運搬中はそれを携帯しなければなりません。


タンクローリー運転手の年収、給与について

【タンクローリー運転手の給与、年収について】
 Yahoo知恵袋や様々な求人サイトを調べてみたところ、
タンクローリー運転手の年収は、平均すると大体350万~
400万円前後
で、残業代が出る会社ではもう少し
上にいくようです。

 給与の一例を見てみると、このような感じ。

○給与・勤務形態一例


給与
手当
賞与
休日
年収
A社
23万~30万
無事故手当、有料道路増減手当
年2回(一ヶ月分)
日曜・隔週土曜・祝日
322~420万円
B社
40万
時間外手当、トレーラー手当
-
日曜・祝日・その他月1日~4日
480万円
C社
27~35万
-
年2回
日曜・隔週土曜・祝日
378~490万円

 ただ、現場の声を聞いてみると、次のことでもめるケースが
多いようです。

  • 高速代が出ない
  • 残業代が出ない
  • 休日がない
  • 事故を起こした際の補償がない

 転職を考えている方は面接の際に、上記の内容をしっかりと
確認するとよいでしょう。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.