よく読まれている記事

大型特殊自動車免許(大型特殊)を取得するための条件や費用って?

大型特殊自動車免許を取得するには

 パトレイバーが運転できるかは知りませんが、ホイールクレーンや
フォークリフトなど重機を公道走らせるときには欠かせない大型特殊。

これを持っているだけで、仕事の幅もだいぶ広がるので取得したいと
思っている人もかなり多いみたいですが、免許と聞くとやっぱり気に
なるのは取得の費用や難易度といった面。

 そこで、大型特殊免許を取得するために必要な条件について
簡単にまとめてみました。


大型特殊自動車免許って何が乗れるの?

大型農耕トラクター
【大型特殊自動車とは】
 そもそも、特殊自動車とは乗用ではない特別な用途のために特別な形をした
構造の自動車のことで

特殊自動車の一例

  • ホイールクレーン、ホイールローダーなど、ホイール○○
  • フォークリフト、ターレー(ターレットトラック)
  • 田植機、農耕トラクタなど農作業用自動車全般

といった車両が挙げられます。他にも種類はたくさんありますが、車体が
折れた状態で動いたりキャタピラがついていたりする車両はだいたい
特殊自動車と考えて良いでしょう。

 特殊自動車の免許は大型と小型の区分がありますが、これは

大型特殊自動車の区分

全長
全幅
全高
最高速度

総排気量






12.0m以下
2.5m以下
3.8m以下
制限なし
(※ただし時速49km/h以下という業界の自主規制あり)
制限なし

という感じで分けられています。


免許を取得するために必要な条件

大特の技能試験
【学科・技能試験について】
 では、自分が乗る車両の区分がはっきり分かったところで、今度は
取得についての話に入っていきましょう。

 大型特殊免許の取得は、大きく分けて

  1. 指定の自動車教習所へ通う
  2. 運転免許試験場で直接受験する(一発試験)

という2種類の方法があって、最終的に運転試験場で行われる
学科試験に合格すると晴れて大型特殊免許を取得することができます。
(※1.の方法だと技能試験が免除。普通自動車免許と同じですね)

大型特殊免許の取得条件

年齢
視力

聴力

色彩識別能力

運動能力








満18歳以上
片眼で0.3以上、両眼で0.7以上、視野150度以上ある。
(眼鏡・コンタクトレンズ使用可)
日常の会話を聴取できる。
(10mの距離から90デシベルの警報音が聞こえればOK)
赤、青、黄の識別ができる。
(すでに免許を持っている人は省略)
自動車運転に支障をきたすような四肢や体幹の障害がない。
(障害を器具などで補い、運転に支障が無いと認められればOK。)


ケース別の免許取得手順

【教習所に行って大型特殊免許を取得する場合】
 注意点は、すべての教習を3ヶ月位以内に終了しなければいけないところ。
免許の取得費用は教習所によって多少違いが出ますが、平均すると13万円程のようです。
合格率は70%~80%程度で、通いで2週間ほどあれば十分取得することができます。

取得までの流れ

  1. 指定自動車教習所に入学(入校)
  2. 適性検査(視力・聴力検査など)
  3. 技能講習・学科講習
  4. 技能卒業試験
  5. 学科試験(普通自動車免許を持っている場合は免除)
  6. 免許証交付


【一発試験での大型特殊免許を取得する場合】
 一発試験は、平成19年6月の法改正によって路上教習などの項目が追加されたので
合格後すぐに免許が交付されなくなりました。変更点をまとめると…

法改正前

  1. 運転技能試験
  2. 学科試験(普通自動車免許を持っている場合は免除)
  3. 免許交付

法改正後

  1. 運転技能試験
  2. 路上練習
  3. 路上試験
  4. 取得時講習
  5. 学科試験(普通自動車免許を持っている場合は免除)
  6. 免許証交付

 ということで、路上での練習、試験、取得時講習という項目が増えたために
取得期間や金額も大きく変化しました。


最短取得期間
免許費用
法改正前
1日
6,700円
法改正後
9日
38,650円


平均受験回数も2.3回と増え、合格率も40%~50%となりました。
難易度は上がっているので、確実に取るためには教習所に通うほうが良いかもしれませんね。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)