【原因・対策】冬や夏の雨の日にフロントガラスが曇った時の対処法とは?

冬や夏の雨の日にフロントガラスが曇る場合の対策は?

 冬や夏の雨天時、ふいに曇りはじめるフロントガラス。
 助手席に誰かが乗っていれば、拭いてもらうことも可能ですが
一人だと、運転しながらフロントガラスを拭くのは危険ですよね。

 走行中のフロントガラス曇りは、イライラ運転にもつながりますし
視界不良による運転操作の遅れや誤りの原因にもなりかねません。

 そんな危険を防止して快適なドライブライフを楽しむために
今回は窓ガラス曇りの解消や対策方法についてまとめてみました。
フロントガラスが曇った時の解消法は?

カーエアコンのスイッチ
【フロントガラスの曇りを解消するには?】
 では、さっそく曇りの解決方法から確認していきましょう。
 夏場と冬場では対処の手順が異なりますが、ポイントはシンプルで
「いかに外気との温度差を少なくするか」です。

冬のくもり解消法

 冬の寒い時期の曇りを解消するには、外気導入でエアコンを作動して
ヒーターを全開にするのが有効です。
 室内の湿気を除去することで窓の結露を抑える寸法ですね。

 冬場は内外気切り替えスイッチを「外気」にすることで、外の乾燥した
空気を取り入れて、車内の湿度を下げることができます。
 しかし、外気導入のままヒーターを使用すると、温風になるまで時間が
かかるので、エンジン始動直後は内気循環にしておくのがオススメです。

 ちなみに、送風だけだと意外と湿気が抜けないので、必ずエアコンも
入れるようにしましょう。

夏のくもり解消法

 夏の暑い時期の曇りを解消するには、内気循環にしてエアコンを作動して
外部の湿気を車内に取り入れないようにするのが有効です。

 エアコンをONにしていないと湿度はずっと下がらないままなので
エアコンのスイッチは必ず入れておきましょう。

 次に、冷風の吹き出し口をデフロスタ(窓のマーク)にして
フロントガラスに吹きかけます。
 急激に冷やし過ぎると、今度はガラスの外側が曇ってしまうので
車内全体の湿度を下げるつもりで少しずつ温度調整するのがコツです。

 なお、曇り始めてからエアコンを入れると余計に曇ることがありますが
そんな時は、窓を開けて外気を一気に取り入れると一時的に曇りが解消されます。


ところで、何が原因でフロントガラスが曇るの?

【なぜ窓ガラスは結露するのか】
 そもそも、なぜフロントガラスは曇ってしまうのでしょうか?
 発生の仕組みを図にしてみると、こんな感じになります。



 空気は暖いほど多くの水分を含むことができますが、ガラスに触れると
温度が下がってしまい持ちきれなくなった水分が放出されます。
 このときの温度差が大きいと、大量の水分がガラス面に放出されるので
表面が曇ってしまうというわけですね。

 そんな曇りを起こりやすくする主な原因には、以下の3つが挙げられます。

  1. 外気と車内の気温差が大きい
  2. 車内の湿度が高い
  3. 窓がタバコのヤニやほこりで汚れている

 1.については解決方法として説明したところですね。
 人は息や体から出る水分によって車内の湿度を上昇させるので2.に
ついては解決が難しそうですね。
 で、その水分がヤニやホコリといったガラスの汚れに付着してしまうと
さらに曇ってしまうわけですが、3.については普段からフロントガラスを
きれいにしておくことでかなり低減できそうです。


曇りを未然に防ぐにはどうすればいいの?

結露
【フロントガラスの曇りを防止する】
 前述のとおり、ガラスクリーナーをたっぷり吹きかけた雑巾で
しっかり拭くとエアコンに頼らなくてもしばらく曇りづらくなります。

 とはいえ、普段からこれをキープしておくのはあまりにも面倒。
 そんな人には、カー用品店で販売されている

  • 曇り止め専用のガラスクリーナー
  • 曇り止めスプレー

などがオススメです。
 価格も1,000円程度とリーズナブルなので、試してみる価値ありですね。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.