よく読まれている記事

【その時どうする】ハイドロプレーニング現象の原因と対策について

ハイドロプレーニング現象の対処法や予防策

 走行中にいきなり車が操作不能に陥るハイドロプレーニング現象。

 教習所やニュースなどで一度は聞いたことがある名前だと思いますが
名前を知っていても実際に起こってしまった時の対策はほとんどと
言っていいほど知られていません。

 車を運転中、違和感があるなと思った瞬間に車が一回転!
 なんて危険を回避するために、今回はハイドロプレーニング現象が
実際に起きてしまった時の対処法から予防策までをまとめてみました。


ハイドロプレーニング現象が起こる原因

雨の日に走行する自動車
【ハイドロプレーニングとは】
 ハイドロプレーニングとは一体どういう現象なんでしょうか。
これは、自動車が水のたまった道路を高速走行時に起こる現象で、タイヤと
路面の間に水が入り込んだ結果、あたかも車が水の上に浮いたような状態に
なる、というもの。

 一度起こってしまうと、車はハンドル操作やブレーキが全く効かない
操作不能状態に陥るので、そのまま事故に繋がる可能性が非常に高い
危険な現象だと言えるでしょう。

※クリックで画像拡大
アクアプレーニング現象の概念図

 そんなハイドロプレーニング現象は、ある日突然起こるわけではなく
原因となるいくつかの要素が挙げられます。

  • 深い水たまりの上を走行する
  • 車の速度が速い
  • タイヤの溝が残っていない
  • タイヤの空気圧が低い状態で走行している

 原因は色々と挙げられますが、この中でも特に大きな要因とされて
いるのは2番目の車の走行速度が速すぎることです。

 現に、この現象は高速道路での発生が最多となっていて、具体的には

ノーマルタイヤで80km/h以上
スタッドレスタイヤだと60km/h以上

で走行すると起こりやすくなると言われています。


ハイドロプレーニング現象が起こった時の対処法は?

水上を走る人
【ハンドルの制御が効かなくなったら】
 では、このハイドロプレーニング現象が起きてしまったその瞬間…
ドライバーはどのように対処したら良いのでしょうか?
 対応としては以下の手段が挙げられます。

  • ハンドルは横に切らずそのまま
  • ブレーキを踏まない
  • シフトダウンしない

 つまり、何もせずタイヤの回転に合わせて徐々に減速しカーブや道路の
切れ目などでタイヤのグリップが自然に回復するのを待つのが一番の安全策
なんです。

 とはいえ、その瞬間は半ばパニック状態なってしまうのが予想できますし
その状況でこれを実践するのは、けっこう高度なテクニックですよね…。
 なので、「起きたらどうするか」ではなく「起こさないようにする」
ことが一番の対策になるとも言えます。

 では、次の項目でハイドロプレーニングを起こさないための予防策を
確認していきましょう。


ハイドロプレーニング現象の予防策

雨の対策をする猫
【未然にできる対策は?】
 ハイドロプレーニング現象を未然に防止するには、まずどのような
場所で起こりやすいのかを把握することが重要な対策になります。

 以下に場所と事由を簡単にまとめてみました。

  • トンネルの出口
    雨の日でもトンネル内は乾いていますが、トンネルから出たとたん
    路面には水がはっているのでカーブ掛かったトンネルなどでは
    特に注意が必要です。

  • 雨がやんだとき
    雨がやむと安心しがちになってしまいますが、部分的な水たまりでも
    ハイドロプレーニングは発生するので注意しましょう。

  • 道路に轍(わだち)があるところ
    交通量が激しい道路、または冬にチェーンが必要な降雪地帯など
    道路上に轍があるところは、水はけが悪くなり、雨がやんだ後も
    水がたまっています。

 また、上記以外にも、タイヤの管理をしっかりしておくことで
予防することが可能です。

 タイヤの溝が浅くなる前に交換する、タイヤの空気圧が低くなって
いないかチェックする、タイヤの溝が雨に強いパターンのものを履く。
 これらを実行するだけでも、十分な対策になります。

 最後に、高速道路で実際にハイドロプレーニング現象が起こった時の
動画を掲載しておくので参考までに御覧ください。

関連記事

Comment

ハイドロプレーニングからの脱出
トラクションコントロール未装着車が一定速度で走行中にハイドロプレーニングが発生した場合、ゆるやかなホイールスピン状態になる事で気付きますが、
直線で発生した場合、わざとホイールスピンの回転数を上げる事でタイヤの溝の排水作用が高まり、駆動輪がハイドロプレーニングから回復する時間が早くなるのではと考えています。
その結果、駆動輪が路面と接地し、すぐに減速操作を行えば(この時に適切な操作でないと再度ハイドロプレーニングが発生しますが)非駆動輪も減速の効果でハイドロプレーニングからの回復が早まり全てのタイヤの回復が早くなるのではと考えています。
ある程度の技術や経験が必要なので誰にでも出来る運転ではありませんが。
  • 2015/08/17 15:23
  • 13Bペリーの黒船
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)