【慌てず騒がず】渋滞・高速道路でガス欠になった時の対処法って?

ガソリン切れになった時にとるべき正しい行動とは

 行楽シーズンや渋滞で結構多いのが、燃料切れで路肩に停車する車。

 幹線道路で起こすと非常に危険ですが、かといって田舎など人気の
ないところで起こるのも、それはそれで最悪ですね。

 できれば一生で一度も起こってほしくないトラブルですが、起こった
時の対応を知らないとパニックになって二次災害にもつながりかねません。
 そこで今回は、ガス欠に見舞われた時に取るべき行動や対処法について
まとめてみました。
まず、ガス欠になった時の対処法は?

SOS非常電話
【本当にガス欠かどうか確認する方法】
 ガソリン切れに限らず、予期せぬトラブルで自動車が停止してしまうと
パニックになってしまう人がほとんどだと思います。
 そんな時、まず緊急時にとるべき行動は、まずこれ。

  • 車両が停止する前に素早く車を路肩に止めること

 車に異常が起こっても、すぐに車が止まってしまうわけではありません。
 エンジンの回転数が低くなったり、信号待ちからのスタートでエンストを
起こしたり、停止する前にはだいたい前兆があるのでガソリンが少ない状態で
走行している時は、小さな異変を絶対に見逃さないように気をつけましょう。


【やっぱりガス欠だった時は】
 次は、残念ながらガス欠で「停車してしまった場合の対処法」です。
選択肢は限られていますが、以下にいくつかの対処法をまとめてみました。

  1. 自動車保険のロードサービスに連絡する
    ロードサービスや、友人知人に電話して燃料を持参してもらいましょう。
    ただし、ガソリンの携行にはスチール製の携行缶での運搬しなければならないと
    法律で定められています。
    上記の方法以外での持ち運びは非常に危険なので絶対にやめましょう。

  2. ガソリン携行缶で対応する
    近くにガソリンスタンドがある場合は、5L程度のガソリンを買って持ってくる
    ことも可能です。この場合もスチール製の携行缶が必要なので、スタンドで
    ガソリン携行缶を買ったり借りたりして運ぶ必要があります。

  3. JAFに連絡する
    車の故障でおなじみのJAFです。会員の方はJAFを無料で利用できますが
    非会員の方は8,000円プラス燃料代を支払うことになります。

※ちなみに、インターネット上の情報で、水を入れて応急処置する対処法が
書かれていることがありますが、車が故障するので絶対にやめましょう。


エンプティランプ点灯からどれくらい走行できる?

閃いたネコ
【エンプティランプが点いたら】
 さて、高校生や大学生など金欠でガソリンが買えない常にギリギリな人は
「エンプティランプが点灯してから車はどのくらいの距離を走れるのか」も
気になることと思います。

 燃料計のガソリン残量表示は、車種によってそれぞれ異なりますが
だいたいはタンク内のガソリンが残り約5~10リットルくらいになると
点灯しはじめます。

 参考までに、以下に車種の形状別にエンプティランプが点灯してからの
平均走行距離をまとめてみました。



対象車種
点灯目安
平均走行距離
ミニバンタイプ

日産 セレナ、ホンダ ステップワゴン、トヨタ ヴォクシー
残り10L
約100km/h



対象車種
点灯目安
平均走行距離
コンパクトカータイプ

日産 ノート、ホンダ フィット、トヨタ ヴィッツ
残り7L
約130km/h



対象車種
点灯目安
平均走行距離
軽自動車タイプ

ダイハツ ムーヴ、ホンダ N-BOX、スズキ ワゴンR
残り5L
約110km/h


走行距離を伸ばすための延命措置ってあるの?

長く走れるソーラーカー
【エコドライブを意識する】
 エンプティランプが点灯してしまってから、少しでも走行距離を伸ばす
ためには、いかに燃費を向上させるかが大事なポイントになってきます。

 ということで、以下に燃費向上のテクニックをまとめてみました。


  1. 発進時は、ゆっくりアクセルを踏んで発進する(10%の燃費向上)
  2. 一定の速度で走ることを心がける(市街地2%、郊外6%の燃費向上)
  3. 車のエアコン(A/C)を切る(12%の燃費向上)

 補足すると、一般道では40~50km/h高速道路では70~80km/h
一番燃費の良い走行速度とされています。

 高速道路上では必ず約50km~60km間隔でガソリンを給油できる
サービスエリアが存在しますし、もしランプが点灯してしまってメーターが
ギリギリでも、慌てず焦らずエコドライブを心がけるようにすれば基本的に
問題はないんですね。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.