【乗用車からトラックまで】タイヤ空気圧の適正値設定とその確認方法って?

タイヤのエアー圧はどれくらいが適正?

 多すぎても、少なすぎてもトラブルの原因になるタイヤの空気圧。

 規定値をしっかり把握しておく必要があるものですが、空気を
補充する際の適正圧がどれくらいなのか、というのは判断が難しい
ところでもあります。

 そこで今回は、タイヤの空気圧は何キロが適正値なのかを車両の
大きさ別にまとめてみました。
タイヤの空気圧は何キロが適正値?

空気圧表示ステッカー
【乗用車の適正値は?】
 まず、はじめに知っておかなければいけないのは、タイヤの空気圧を
調整する時には熱膨張の影響を受けないように冷えた状態で行なうこと。
 また、同じサイズのタイヤが装着された車でも、車両重量によって
異なる指定空気圧が設定されていることがあるので確認すること。

 以上の2点を踏まえた上で、空気圧を計算したものが以下の表です。

車両別タイヤの適正空気圧

軽自動車
普通乗用車
小型2tトラック
中型4tトラック
大型10tトラック





1.8kg/cm2~2.0kg/cm2
2.0kg/cm2~2.4kg/cm2
5.0kg/cm2~6.0kg/cm2
7.0kg/cm2~8.0kg/cm2
8.5kg/cm2~10.0kg/cm2

 公式は非常に複雑なので軽自動車だとこのくらい、普通乗用車だと
このくらいという感じで自分が乗る車両だけ覚えておく方が楽ですね。

 トラックの場合は若干特殊で、車両重量の増加、さらに積載物の重量も
加わるため、タイヤの空気圧は普通乗用車よりも高く設定されています。
 ダブルタイヤが装着されている場合は後輪が低く設定されていることが
あるので、事前に確認しておくと良いでしょう。


○kg/cm2って言われても…空気圧の確認方法はないの?

車のタイヤを履いた自転車
【適正値になっているか確認する】
 自分で空気圧の点検をする場合、空気圧の測定機器・エアゲージ
使用すると便利です。価格は安いものだと1,000円~で入手できます。

 また、タイヤ販売店やガソリンスタンドで点検を行なうこともできるので
うまく活用するのも良いでしょう。その際には、タイヤが冷えている状態で
行うのを忘れずに。

タイヤの状態図

 目視で確認する場合は、タイヤのサイドウォール(側面)のたわみ度合いで
ある程度の状態をチェックすることはできます。しかし、タイヤの規格に
よっては確認しづらい製品もあるので、目視だけの確認はオススメできません


空気圧が高い時、低い時の特徴

空気が要らないタイヤ
【高めと低めの違いって?】
 ここまで、空気圧について記述してきましたが、実際に空気圧が低めだったり
高めだったりした場合、一体どんな現象や症状が現れるんでしょうか?
 違いを一覧表にまとめてみました。

空気圧不足の場合

  • タイヤの偏摩耗(片減り)が発生しやすくなる
  • タイヤ寿命が短くなる
  • 発熱による損傷(ヒートセパレーション)が起こりやすい
  • ハイドロプレーニング現象が起こりやすくなる
  • 燃費が悪くなる



空気圧過多の場合

  • タイヤ中心部の偏摩耗(センター摩耗)を発生しやすくなる
  • 乗り心地が悪化する(跳ねが大きくなる)
  • キズを受けやすく、バーストにまで至る場合がある

 このように、高圧すぎても低圧すぎても良いことは起こらないので極力
適正な空気圧を保てると良いですね。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.