よく読まれている記事

【燃費向上!】エアクリーナーの掃除のやり方

エアクリーナーを綺麗に保つには?

 掃除機やエアコンの吸気部にも装着されているエアクリーナー。

 誰でも一度くらいは耳にしたことがある名前だとは思いますが、特に
使用されているエアクリーナーはエンジン内部を守るために必要不可欠で
汚れてしまっていると効果を充分に発揮することができなくなります。

 今回はそんな風になる前にやるべき、エアクリーナーを綺麗にする方法
ついてまとめてみました。


そもそもエアクリーナーとは?

フィルター
【エアクリーナーの役割】
 さて、そもそもエアクリーナーは何なのかというと、エンジン内部で
燃焼させるために使用される大気中の空気から砂やほこりを取り除く
フィルター
のことです。自動車用語ではエアエレメントとも呼ばれます。

 このエアクリーナーが汚れてしまっていると、空気の通過性が悪く
なるのはもちろん、本来の効果が薄れ、エンジン内部に異物が混入し
傷つけてしまいますので、綺麗にしておく必要があるんです。

 ちなみに、汚れによる目詰まりでは以下のような症状が現れます。
 これを見ると、エアクリーナーのメンテナンスの重要性がわかりますね。

  • パワーがなくなる
  • 加速が悪くなる
  • 燃費が悪くなる
  • 排気ガスが黒くなる

エアエレメント
【エアクリーナーの種類】
 さて、エアクリーナーは大きく分けて以下の3種類があります。

  • 乾式フィルター
  • 湿式フィルター
  • ビスカス式(半湿式)

といった3種類のエアクリーナーがあります。
 トラックの場合はほとんどが乾式ですが、一応それぞれの特徴や清掃の
方法について確認していきましょう。


エアクリーナーのメンテナンス方法

乾式エレメント
【乾式のお手入れ方法】
 乾式のエアクリーナーはろ紙を蛇腹状に折りたたんだような構造です。

 メンテナンスの際は、吸気側の方向からエアコンプレッサーの高圧エアで
清掃するという方法が用いられています。
 とはいえ、最近ではろ紙の質が良くなったので、目視により、キズや穴
オイル汚れがないかを確認するだけでもOK
です。
 酷く汚れてしまった場合は惜しまず交換してしまいましょう。

 車種によってメンテナンス方法が設定されていますので、詳しくは
取扱説明書をご覧ください。


湿式エレメント
【湿式のお手入れ方法】
 湿式のエアクリーナーはスポンジやポリウレタン素材でできたフィルターに
吸引力を上げるためのオイルや特殊な薬品を染み込ませてあるタイプです。

 主に汎用エンジンや原付スクーターなどの小排気量エンジンで大きな
フィルターを設置できない場合や、吸気抵抗を低減する目的(スポーツ
フィルター)で用いられています。

 湿式の場合は乾式と違って、素材が破損しない限り、フィルターを洗浄剤や
オイルで洗浄し、再びオイルや薬品を染みこませる事で再利用し続けることが
可能です。

 メンテナンスのサイクルは使用状況によりますが、吸収効率が低下するのが
比較的早いため、定期的に洗うようにしてください


ビスカス式エレメント
【ビスカス式(半湿式)のお手入れ方法】
 ビスカス式は乾式のエアクリーナーのろ紙にビスカスオイルを染み込ませて
ゴミの吸着力を向上させたものです。

 オイルがゴミを捉えて離さないので、ビスカス式は基本的に清掃はできず
汚れてしまったフィルターは使い捨てになります。
完全メンテナンスフリーのフィルターとも言えますね。


エアフィルターを交換する頻度は?

チェンジ
【エアフィルターの交換時期】
 さて、エアフィルターの交換するタイミングは、乾式、ビスカス式に
関しては、真っ黒に酷く汚れたら交換という形になります。
 一方、湿式の場合は、汚れたら洗って再び使用することが可能です。

 メーカーの指定している交換サイクルは2年または4万km毎が多いですが
都市部をメインに走行している場合などは目詰まりや劣化が著しいことも
あるので、目視で確認するようにしてください。
関連記事

Comment

有難う御座いました!
色々な種類が、有るのですね⁈
早速、挑戦したいと思います。

有難う御座いました。
  • 2014/04/27 13:10
  • ゆっさん
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)