【給料・労働時間】バスの運転手になるには何の資格が必要?

バスの運転手になる方法

 「バスの運転手ってのも悪くなさそうだな…」
 長い人生、一度くらいそんな自分を頭に思い浮かべたことがある人は
結構多いと思います。

 しかし、バスの運転手というと特別な資格やスキルが必要というイメージが
強いからか、実際の現場では人手不足になってる会社が多いみたいですね。

 思っているよりもバスの運転手になれるチャンスはあるかも?
 ということで今回は、バスの運転手になるための方法や現在活躍している
バス会社のドライバーの年収や求人などの情報をまとめてみました。
バスの運転士になるのに必要な条件とは?

大型二種免許
【バスの運転手になるには大型第二種免許!】
 全てのバスに共通して必要な免許は大型自動車第二種運転免許です。

 第二種運転免許とは、バスやタクシーなど旅客を乗せて運賃をもらう場合に
必要な運転免許のことで、普通自動車免許とはまた別の免許です。
 大型二種運転免許を取得するには以下の条件があります。
(※なお、初受験での合格率は極めて低いとされています)

  • 21歳以上
  • 大型第一種免許、中型第一種免許、普通第一種免許、大型特殊第一種免許のうち、いずれか通算で3年以上経過している

 さて、一口にバスと言ってもその種類は一般道を走行する路線バスから
高速道路を走行する高速バス、深夜バスや観光バスまで様々です。
 今度はそのあたりの違いを確認していきましょう。


路線バス
【路線バスの運転手の場合】
 未経験から路線バスの運転手になるには、大型自動車を持っていれば
応募可能な求人を選びましょう。会社によっては、第二種免許を会社負担で
取得させてもらえるところも
あるようです。

 しかし、当然実務経験が必要なところもあるので注意が必要です。

夜間バス
【高速バスの運転手の場合】
 高速バスの運転手になるには、路線バスの運転経験がなければ採用して
もらえない
ことが多いようです。

 とはいえ、中には路線バスや高速・深夜バス、タクシーなど手広く
事業を展開している会社もあるので、そのようなところでは普通自動車の
免許さえあれば、第二種免許は会社負担で取得させてもらえる企業も。

はとバス
【観光バスの場合】
 求人の条件は、高速バスと似たような感じのものが多いですが、男女間の
トラブルを防ぐということから、採用条件に既婚者でなければならないとする
ユニークな会社も。


バス会社の現状

ハローワーク
【求人はあるの?】
 条件が大体わかったかと思いますが、次に気になるのはやはり求人です。
 幸い、現在は運転手が人出不足なのか、多くの求人が見受けられます。

 とはいえ、最近は1回の事故で会社が潰れる時代なので、誰でも雇われる
わけではなく基本的に採用基準は厳しめになっているようです。
 大手バス会社ともなると、過去5年間無事故無違反でなければ採用
してもらえない
ところもありました。

 年収や勤務時間などを平均すると
  • 平均年収 : 約430万円
  • 平均月収 : 約31万円
  • 労働時間 : 211時間/月

 決して悪くない待遇ですが、年々収入は減少傾向にあります。

 命を預かる仕事だけに、事故を起こせば大問題になりますし、運転中は具合が
悪くても、トイレに行けないので、しっかりした体調管理が求められます。
 加えて、バス内の環境に目を配り、バスを時間通り運行する緻密さも要求されるなど
意外に精神的なキツさのある職業です。

 ですが、公共性が高く、社会的意義の大きい仕事ですので、収入面はさほど
気にせず、人の為になりたいという人には魅力のある職業なのではないでしょうか。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.