【洗い方・磨き方】メッキの正しいお手入れ術

メッキピカピカにする方法とは?

 酸化を防ぐために施される表面処理「メッキ」。
 そのメッキが放つ輝きは高級感を生み出し、持ち主のイメージにもつながります。
 しかし、ちょっとお手入れをサボったり、間違ったお手入れをしていると
すぐサビ等の劣化を引き起こし、逆にマイナスな印象になってしまう可能性も…。

 特に、トラックの場合は、ホイールだけではなく、グリルやバンパーも
メッキ素材が使用されているので、すごく気になるのではないでしょうか。

 今回は、そんなメッキ部分を綺麗に保つ方法として、洗い方や磨き方などの
お手入れについて説明していきたいと思います。
クロームメッキホイールのお手入れ方法

クロムメッキ
【クロームメッキホイールの洗い方】
 クロームメッキホイールとは、アルミの表面を電気クロームメッキ処理を
することによって鏡調の塗膜を施すカラーリングのことです。

 このクロームメッキホイールを洗う際は、スポンジを使い、洗車用の
シャンプーでやさしく洗浄してください。

 この時の注意点は…

  • 洗車ブラシを使用しない。
  • 洗剤はしっかりと水で洗い流す。

 洗車ブラシを使用しない理由は、キズが入り、ツヤがなくなってしまうためです。
目に見えない小キズであってもそこからサビやひび割れなど劣化につながってきます。

【クロームメッキホイールの磨き方】
 洗車したあとの仕上げとして、ホイールクリーナーやホイールコートをすると
よりピカピカになります。

 というのも、ホイールにはブレーキダストの焼きつきという汚れが
存在しています。

 これを取り除くには通常、鉄粉除去効果の高い専用のクリーナーを
使用するのですが、クロームメッキホイールの場合は、メッキ専用の
クリーナー
というものがホームセンターやカー用品店などに1,000円前後で
販売されていますので、これを使用するようにしてください。


スパッタリングホイールのお手入れ方法

スパッタリング
【スパッタリングホイールの洗い方】
 スパッタリングホイールとは、クロームメッキのような輝きのある
仕上がりを得ることのできるメッキ塗装のことです。
 クロームメッキよりも安価なので、最近人気が高まりつつある素材に
なります。

 しかし、メッキ膜厚いが薄めなので、劣化やひび割れなどが起きやすく
なっています。

 そのため、洗う際はクロームメッキホイールと同様、スポンジと洗車用の
シャンプーでやさしく洗うようにしてください。

【スパッタリングホイールの磨き方】
 汚れを水で洗浄したあとは、専用のメッキホイールクリーナーの
オールメタルレストアなどを使用すると効果的です。

 本来使用されているホイールに付着したブレーキダストを強力分解する
クリーナーは、成分でメッキが剥がれ落ちてしまう可能性や、変色や
変質など悪影響を与える場合があるので使用しないようにしてください。

 特に酸性ケミカルのものはNGです。


グリルやバンパーなどのメッキのお手入れは…

メッキ加工
【洗い方・磨き方】
 グリルやエンブレム、ミラーのほか、トラックだとバンパーもメッキ加工
されていたりします。

 これらはクロームメッキホイールと同様に、クロームメッキ加工が
施されているので、お手入れ方法も同じ容量でおこなってください。

 しかし、ホイールとは違い、バンパーや、グリル、ミラーなどは砂や
ホコリ、雨などの被害を特に受けやすい箇所になりますので、劣化が著しく
早いです。

 ワックスなどコーティングである程度防ぐことはできますが、長く
使用すると、サビ等が目立ってきますので、メッキ専用のサビ落とし
定期的に使用すると輝きを持続できます。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.