よく読まれている記事

【車の合図】パッシングやハザードの意味とは?

運転中の合図はどんな意味があるの?

 不意にパッシングされたり、なぜかハザードランプをつけている車を
見る機会がたまにありますが、「いったい何の合図なんだろう?」と
疑問をもつ人も結構多いことでしょう。

 教習所ではあまり教えてもらわないので、使い方や意味はイマイチ
わからないですよね…。

 ということで、今回は車の合図であるパッシングやハザード、
クラクションについて
まとめてみました。


パッシングを使用する合図の意味・タイミングは?

パッシング
【パッシングの使い方】
 パッシングとは、自動車のヘッドライトを瞬間的に上向き
(ハイビーム)で点灯させる
ことです。下向き(ロービーム)で
点灯しているときは瞬間的に上向きに切り替えます。

 このパッシングは色々な場面で使用されており、おもに以下のような
場面で多く使われています。

○対向車とのすれ違い時にパッシング
 対向車とすれ違う際に行われるパッシングは、2つの意味があります。

 1つ目は、対向車に対して、この先で「ネズミ捕り(スピード違反の取り締まり)」「検問」をやってるから注意してくださいという意味があります。

 2つ目は、「ヘッドライトが眩しい(ハイビームのまま)」と知らせる時に使用します。

○交差点や横断歩道でパッシング
 交差点で行われるパッシングは、対向車に対して、「先にどうぞ」という意味があります。

 しかし、中には「こっちに来るな」という意味で使用する人もいるみたいなので注意が必要です。 どちらにせよ、対向車の運転者の目線で判断するのが良さそうです。

 横断歩道などで行われるパッシングは、対向車に対して、「横断者がいるから協力してください」という意味です。

○後続車からのパッシング
 後続車からのパッシングは、「邪魔だ!どけ!」という煽りの意味で、中には、ハイビームのまま迫ってくる強引なドライバーもいたりします。

 この場合、譲らないと危険な運転で幅寄せなどをしてくる場合もあるので、早めに道を譲るようにしましょう。

 とはいえ、基本的には決まり事ではありませんので、全てを鵜呑みにせず、
軽く捉える程度で良いでしょう。

 また、地方によっては2回パッシングしたら…1回パッシングしたら…など、
独特なローカルルールも存在しますので、慣れない地で運転するときには
注意してくださいね。


ハザードランプを使用する合図の意味・タイミングは?

ハザードランプ
【ハザードランプの使い方】
 ハザードランプは、道路交通法においては自車が交通の障害物
(=ハザード)となっていることを表示するために使用するものと
していますが、さまざまな合図を目的として使用されています。

○駐停車時
 駐停車時に使用するハザードは、路上に駐停車する際に周囲にそれを知らせるという意味があります。

○渋滞最後尾警告
 高速道路などの渋滞最後尾に着いた場合に後続車が追突しないように注意をうながすために使用します。

○低速車の警告表示
 故障や他車による牽引、荒天などで制限速度を大幅に下回る速度で走行する場合に周囲に注意を促す意味で使用します。

○後退時
 大型車が転回や車庫入れなどの大きな方向変更する際に周りにバックの意志を明確にする目的で使用します。

○後続車へのお礼
 道を譲ってくれた後続車へ感謝の気持ちとして使用します。
 サンキューハザードとも呼ばれています。

○濃霧走行時
 濃霧の中を走行する場合に自車の存在を知らせるために使用します。


クラクションを使用する合図の意味・タイミングは?

ホーン
【クラクションの使い方】
 クラクション(ホーン)は警笛区間を通行する場合、それ以外の場合に
おいては危険を防止するためにやむをえない場合に使用します。

 この目的以外に使用してはならず、違反した場合は2万円以下の
罰金または科料に処する
とされています。

 前車の発進を促す際や低速走行の車に怒りや抗議を表現するために
鳴らす煽り行為、車の到着を知らせるために鳴らすなどの行為は、規制に
違反し警笛の乱用(目的外使用)となるため違法になります。

 相手車両への感謝の気持ちなどを表す際にクラクションを軽く鳴らす
サンキューホーンを使用する人も結構いますが、警笛の目的外なので違法行為に
なりますから使用しないようにしましょう。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)