よく読まれている記事

ラフテレーンクレーン(ラフター)のレンタル料金相場はどれくらい?

ラフターのレンタル料金の相場まとめ

 普段は使わないけど、ここの現場ではあの重機を使いたい!
という時に便利な重機のレンタル。

 たまにしか使用しない重機を所持していても、維持費や駐車場所
などの問題が出てきますよね。
 そこで便利なのが重機のレンタルですが、日常的にレンタルする
ものではないため、料金などがいくら掛かるのか気になりますよね。

 そこで今回は、ラフターのレンタル料金や注意点をまとめてみました。


ラフターを扱うにはどんな資格が必要?

ラフテレーンクレーン
【ラフターの操作や運転に必要な免許・資格】
 ラフテレーンクレーンを扱うためには、吊り上げ重量や作業する場所に
よって必要な免許が変わってきます。

 作業現場で、実際に運転・操作するためには以下の資格が必要になって
きます。

  • 吊上荷重0.5t以上1t未満の場合
    移動式クレーンの運転の業務に係る特別教育
  • 吊上荷重1t以上5t未満の場合
    小型移動式クレーン運転技能講習
  • 吊上荷重5t以上の場合
    移動式クレーン運転士免許

 免許の取得方法や、更に詳しい情報が知りたいかたは、以前特集した
記事がありますので、下記の記事をご覧ください。

○移動式クレーン運転士の資格や免許(ラフター・ホイストetc...)
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-205.html


ラフターのレンタル料金はいくら?

金持ちの猫
【レンタル料の相場について】
 では、ラフターのレンタル料金は一体いくらになるんでしょうか?
以下に、わかりやすくまとめてみたので確認してみましょう。

○ラフタークレーンのレンタル料金(1日/円)
定格荷重

10t
16t
25t
50t
60t
A社

53,000円
58,000円
60,000円
100,000円
130,000円
B社

50,000円
60,000円
70,000円
110,000円
--円
C社

56,000円
72,000円
80,000円
180,000円
200,000円
D社

39,000円
48,500円
48,500円
90,000円
110,000円

 ラフターは、吊り上げ能力が2t~10t、50t、100tを超えるものも
あるので、この一覧表はほんの一部となります。

 また、これらの料金には、さらにオペレーターが付いていたり、回送や
保険料が付いていたりと、各社によって特色があるため、含まれている
サービスやサポート内容も考慮してレンタルするのが良いでしょう。


ラフターのレンタルにあたって注意すべき点

危険標識
【レンタルの注意点について】
 ラフターをレンタルする際に、上記のレンタル料金以外にも
別途料金が発生することがあるので注意しましょう。

  • 休日料金
  • 管理料
  • 保険料
  • 燃料代
  • 夜間作業料
  • オペレーター料
  • 回送料金

 これらの料金は、格レンタル会社により基本料金に含まれている
場合もあります。
 そのため、事前の見積もりの段階で、追加料金はあるかどうかを
確認しておくといいでしょう。

 また、返却時には燃料を満タンにしておく必要のある業者も多い
ので、忘れないようにしましょう。


レンタル料金シリーズ

【その他トラック・重機のレンタル料金まとめ】
どこでもドア  さて、今回は建柱車でしたが、世の中には様々な重機やトラックが
ありますね。それらのレンタル料金をまとめた記事もありますので、
気になる方は下記URLをご覧ください

○トラック・重機のレンタル料金まとめ
http://torack7.blog.fc2.com/?tag=トラック・重機レンタル料金シリーズ
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)