構造変更と二次架装の違いとは?

構造変更と二次架装って何が違うの?

 トラックの最大積載量や荷台の架装を変更する際に、手続きが
必要となる構造変更。

 ですが、荷台の架装を変更する際にも、二次架装という言葉が使われます。
 トラックに乗車している方で、荷台や車体のパーツを変更しようと
考えている人の中には、この違いがわからず悩む人も多いはず…。

 そこで今回は、構造変更と二次架装の違いって何?という点について
ピックアップしてみました。
構造変更とは?

トラックの構造変更検査
【構造変更の概要】
 構造変更とは、自動車やトラックの機能や構造を変更した際に
運輸支局又は、自動車検査登録事務所に対して行なう検査手続き
のことを言います。

 これは、車検証等に変更を生ずるような改造をした時に行なうもので
使用者は使用の本拠の位置を管轄する運輸支局又は自動車検査登録事務所に
自動車を提示して、構造等変更検査を受けなければなりません。

 ここで言う構造変更とは、以下の種類の変更に該当します。

  • 最大積載量
  • 車体の形状
  • エンジンの型式
  • 燃料の種類
  • 車両の用途等

以上の項目を変更する際には、構造変更手続きが必要になります。

 また、構造変更を行なう点で大きな特徴があります。
それは、今残っている車検を放棄し新しく車検を取ることと同じ意味になる
というところです。

 これは、変更した箇所だけを検査するわけではなく、車両全体を検査し
更に変更箇所の検査もするといった内容になるからです。
なので、構造変更をする際は、残りの車検日数も考慮すると良いでしょう。


二次架装とは?

トラックの二次架装
【二次架装の概要】
 二次架装とは、ベースとなる車の車体形状を変えずに荷台などへ
付加物を取り付けること
を言います。

 ここで言う付加物の取り付けとは、以下のものがあります。

  • 幌の取り付け
  • 煽りのかさ上げ
  • 荷台の補強

 トラックの幌や骨組みは指定外部品のため、ボルト等固定的取付方法
により装着し、高さや重量などが一定範囲を超えて変化していない場合は
そのままで良いという特徴があります。

 他にも、ボルト止めせず荷台に乗せてあるだけにしたり、蝶ネジ等で
簡易的に取り付けるだけの場合でも、変更の手続きは必要ありません。

 かと言って、ベースを変更していなくても、車両総重量が規定数値を
超えていれば変更手続きは必要になります。
 では、具体的に構造変更と二次架装の決定的な違いとは何なんでしょう?
次の項目で確認してみましょう。


構造変更と二次架装の違いとは?

分岐点
【構造変更と二次架装の相違点】
 上記に記載した内容で分かる通り、実は構造変更と二次架装に
大きな違いというものは存在しない
んです。

 構造変更は、車体の構造を変更してそれを陸運局に届け出をし車検証の
内容を変更するまでの一連の流れを言います。

 二次架装は、車体ベースを変更すること無く、荷台に付加物を架装する
までの作業をいいます。

 つまりは、構造変更という流れの中に二次架装という作業が含まれている
という事になるんです。

 ただ、質量許容差というものがあり、これは車両の質量(重量)の実測値が
車検証の申請値に対し誤差が許される許容範囲のことをいいます。
 自動車やトラックの製作誤差や、改造などによる重量変化に対応するもので
車両それぞれの誤差許容範囲は以下のようになっています。

 車種

・小型乗用車
・普通乗用車
・普通トラック
・バス
長さ

±3cm
±3cm
±3cm
±3cm


±2cm
±2cm
±2cm
±2cm
高さ

±4cm
±4cm
±4cm
±4cm
車両重量

±50kg
±50kg
±100kg
±100kg

 これらの範囲内であれば、二次架装を行なったとしても構造変更手続きを
行なう必要がないとされています。

 ただ、違法車両とされないためにも、二次架装をしたあとは必ず陸運局や
整備工場に構造変更手続きが必要になるかどうかを確認するようにしましょう。
おすすめ記事
関連記事


Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014/11/18 16:11
  • -
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.