【ガソリン・ディーゼル】燃料タンクに水が入る原因や対処法って?

ガソリンタンクに水が入った時の対策

 ガソリンスタンドで給油する際、よく耳にする「水抜き剤いかがですか?」
の決まり文句。

 これを言われる事が多いため、大半の方が一度は聞いたことがあるんでは
ないでしょうか?水抜き剤は、ガソリンタンク内に水が溜まる事により、故障
するのを防ぐために薦めているわけなんですが、そもそも何で水が入るの?って
思う方も多いはず…。

 そこで、燃料タンクに水が入る原因から対処法までをまとめました。
タンクに水が入ると出る症状とは

エンストした車
【どんな症状がでるの?】
 では、タンク内に水が入ってしまうと、どのような現象が起こるので
しょうか?

 症状としては以下のものが見られます。

走行中エンストの様な症状を起こす
燃料タンクが錆びる
タンクキャップが錆びる

 このような症状が現れ、最悪の場合エンジン内に水が吸い込まれ、車が
動かなるなんてこともあるようです。
 また、金属製タンク(最近は樹脂製が主流)には、サビが発生する事があり
沈殿した水によってサビが進行する恐れや、そのサビがフィルターや燃料
パイプを詰まらせることも考えられます。

 金属製のタンクキャップの場合、裏が白くなったり、サビが出る場合も
あるので、給油の際は気にかけてチェックする事をオススメします。
現在は樹脂キャップが主流なので、その場合サビは起こりません

 ディーゼル車の場合は、燃料フィルターに水を分離させるパーツが付いていて
ある程度溜まるとインジケーターで知らせるようになっているので、気がついたら
対処するようにしましょう。


タンクに水が入る原因って?

水の元素記号
【どうして水が入るの?】
 では、なぜ燃料タンク内に水が溜まるのでしょうか?
ガソリンしか入れてないのに…。または、ディーゼルしか入れてないのに…。
なんて思っている方も多いと思います。

 タンク内に水が溜まる原因として結露が挙げられます。特に多いのが
「冬の結露の多い時期」と「夏の湿気の多い時期」なんかは水が溜まり易く
50リットルタンクで、1年間に20~30mlの水が溜まる
言われています。

結露が出来るまでの概要図

 他にも、粗悪な燃料、もしくはガソリンスタンドの設備からも水が混入する
可能性があるようです。
 この場合、ガソリンスタンドで貯蔵している地下タンクの問題も兼ねてくる
ので、こちら側での対策は難しいと言えます。

【水が入らないための予防策は?】
 そもそも、燃料タンク内に水が溜まらないようにするには、どうしたら良い
のでしょうか?

 予防策としては、常にガソリンを満タン状態にしておくという方法があります。
ガソリンを満タンにし、タンクの中の空気が少ない状態を維持しておけば
結露はあまり起きず、水が溜まるにくいと言えます。

 逆に、燃料タンクのなかに空間が多い場合は、結露が発生しやすく水が
溜まっている可能性が高くなります


水が入った時の対処法

水抜き剤
【どんな対処法があるの?】
 では、水が溜まってしまった場合の対処法には、どんなものがあるので
しょうか?

 一般的に使われる方法としては「水抜き剤」というものがあります。
これは、水がタンクの中で層になって溜まるのを防止するもので、水が細かい
泡状の水滴になってガソリンと均一に混ざり、エンジンに悪影響のない範囲で
ガソリンと一緒に燃焼させる効果を持ちます。

 普通は、ガソリンに水を入れると分離してしまいますが、水抜き剤の主成分は
アルコールなので、水を溶かし込む作用があります。
 こうすることで、タンクに混入した水をエンジンに送って燃やしてしまうのが
水抜き剤の役目であり、水が入っていた場合は効果が期待できるといえます。

 ただ、注意点としてガソリン50リットルタンクに1~2本が適量となっているので
適量以上の量を入れてしまうとエンジントラブルの原因になり兼ねないので注意
しましょう。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.