よく読まれている記事

トラックの輪止めの意味や種類って?

トラックの輪止めはした方がいいの?

 自動車やトラックが、長時間停車する際に使われる輪止め。

 この輪止め、各都道府県のトラック協会や交通安全協会から
駐車の際は設置するように推奨されています。
 ですが、実のところ必ず輪止めをしなければいけないという
法的拘束は存在しないんです。

 そこで今回は、輪止めの種類やその意味についてわかりやすく
まとめてみました。


そもそも輪止めって?

手作りの輪止め
【輪止めの役割とは】
 そもそも、輪止めとは自動車やトラック等の貨物車が長時間停車する際に
車両が勝手に動き出さないようにタイヤと地面の間に噛ませる器具の事を
いい、手歯止め、車止め、車輪止めなど様々な呼ばれ方が存在します。

 通常だと、ギアをパーキングに入れたり、サイドブレーキを引くなどの
対処をしていれば問題はないと思われがちです。

 しかし、万が一動きがしてしまったことを考え、輪止めをしている会社
もあるようです。また、輪止めをするというルール付けを設けることで、
安全確認の意識を持たせる意味合いもあるようです。

※追記
 現在、大型トラックなどに採用されているホイールロック式のパーキング
ブレーキ、通称ホイールパークでは、エアの力で解除されているブレーキ
を、エアを抜く事によりロックします。 そのため、仮に停車中にエアが抜け
ても、ブレーキはより強まるだけで弱まる事はありません。

 そのため、法的拘束はないものの、事故を未然に防止する役割を担っている
ため、あらかじめ車載工具に含まれている車両もあります。


輪止めの種類って?

色んな種類の輪止め
【場所によって変わる輪止め】
 この輪止めには数種類あり、どれも役割に変わりはありませんが使用する
場所によって輪止めの材質を変えるとさらに効果を発揮するでしょう。

 輪止めには、以下の様な種類が存在します。

  • ゴム製
  • 木製
  • 鉄製
  • 廃棄樹脂プラスチック(ハイプラ)
  • ポリウレタン
  • プラスチック
  • アルミ製

 どこででも使える輪止めですが、積雪時にタイヤ交換などをする事がある
のであれば、鉄製の組み立て式等の種類は使用を避けたほうが良いでしょう。

 積雪時には、融雪剤がまかれている場合があり、その融雪剤が鉄部分を
錆びやすくしてしまうので、破損や輪止めとしての機能を十分に果たせず
事故に繋がる可能性が出てきます。

 なので、積雪時の利用が見込まれている方は、木製やゴム製が良いでしょう。


輪止めをしていないための事故

輪止めの標識
【輪止めに関する事故事例】
 冒頭でも述べているように、今のところ輪止めの設置は法的に義務付け
されている訳ではありません。

 ですが、とある運送会社では、あまりにも事故が多発するため社内規則で
輪止めの設置を義務付けたそうです。

 その、一部事故事例があったのでまとめてみました。

○事故状況
大型トラックにて各営業所やセンターへ荷物を輸送する際、止めていたトラックが走りだし数百メートル先の電柱にぶつかり止まっていた。

○事故原因
荷物を降ろす際に順番待ちになるため、大型トラックから降り、荷物を降ろす作業を手伝っていたが、サイドブレーキの引き忘れ等があった。

○対策
・輪止めの設置を社内規則として義務付けた
・駐車時にサイドブレーキを引く
関連記事

Comment

大型車はブレーキにエアを使用しているため、エンジンをしばらく止めておくとパーキングブレーキの効きが弱まる、というのは大嘘で全くの逆です。
現在、殆どの大型車に採用されているホイールロック式のパーキングブレーキ、通称ホイールパークでは、エアの力で解除されているブレーキを、エアを抜く事によりロックします。
なので、仮に停車中にエアが抜けても、ブレーキはより強まるだけで弱まる事はありません。
大型車の場合、エア残量が概ね5kpa以下になると、ブレーキを解除できるだけのエアが無いため、しばらく貯めてからでないと、動き出せません。
  • 2015/05/26 04:38
  • -
Re: タイトルなし
> 大型車はブレーキにエアを使用しているため、エンジンをしばらく止めておくとパーキングブレーキの効きが弱まる、というのは大嘘で全くの逆です。
> 現在、殆どの大型車に採用されているホイールロック式のパーキングブレーキ、通称ホイールパークでは、エアの力で解除されているブレーキを、エアを抜く事によりロックします。
> なので、仮に停車中にエアが抜けても、ブレーキはより強まるだけで弱まる事はありません。
> 大型車の場合、エア残量が概ね5kpa以下になると、ブレーキを解除できるだけのエアが無いため、しばらく貯めてからでないと、動き出せません。


詳しい説明をして頂きありがとうございます。
記事内に語弊を招くような文章があったため、加筆・訂正いたしました。
  • 2015/05/27 10:16
  • トラック相談所
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)