ラッシングベルトの種類や使い方って?

ラッシングベルトの使用方法

 貨物輸送をする上で、荷物の転倒や荷崩れを防ぐためには欠かすことの
できないラッシングベルト。

 トラック輸送をはじめ、陸運・海運業界やパレットの搬送など幅広い
分野で使用されています。
 ですが、未だにラッシングベルトが設置されていないトラックや
使用方法がよくわからない、なんて方も多いかと思います。

 そこで今回は、ラッシングベルトの種類や使い方についてまとめました。
そもそもラッシングベルトって?

ラッシングベルト
【ラッシングベルトとは】
 ラッシングベルトとは、荷物の固定や締め付けをするための用器具のこと
ラチェット式のものは通称、ガッチャと呼ばれる事が多くなっています。

 最近では、産業分野のみならず、モーターボートやバイクなどの一般個人向け
の搬送用にも使用されています。
 さらに、種類にもいくつかあり、手でベルトを引き締め、適当なトルクを加え
バックルで固定するカム式と、ラチェット機構を備え、反復を繰返すことで
ベルトの締込みができるラチェット式があります。

 この様に、いくつかの種類と、種類別による使用方法があるので次の項目で
タイプ別に確認していきましょう。


ラッシングベルトの種類や使い方って?

ラッシングベルトの使い方
【ラッシングベルトの使用方法】
 ラッシングベルトには、ラチェットバックル式、 オーバーセンターバックル式
カムバックル式の3種類のタイプが存在します。

 この3種類は、それぞれベルトの締め方が異なるので、タイプ別に締め方を
まとめてみたので確認してみましょう。

ラチェットバックル式
ラチェットバックル式の締め方

バックルの締め方
1.調節側ベルトの長さを調整し、たるみを取り、ハンドルを反復させることによりベルトが徐々に締まっていきます。
ベルトは最低でも、2回以上は巻き取りましょう。

ベルトの締め方
2.巻き終わったら、ハンドルを倒して固定します。

ラチェットの締め方
3.解除レバーを引きながらハンドルを180度倒すと、ロックが解除されベルトが緩むので、引っ張ってほどいてください。

オーバーセンターバックル式
オーバーセンターバックル式の締め方

ベルトの締め方
1.ベルトのゆるみを取り、ベルトを引っ張りながらハンドルを倒します。

バックルの締め方
2.カチッという音とともにロックされるので、これで操作完了です。

ベルトの緩め方
3.ロックボタンを押しながらハンドルを上にあげるとベルトが緩みます。

カムバックル式
カムバックル式 の締め方

ベルトの締め方
1.調節側ベルトを矢印の方に強く引っ張ると締まります。

ベルトの緩め方
2.解除レバーを押すとベルトが緩みます。


ラッシングベルトの取り付け費用って?

ラッシングレール
【ラッシングベルトの取り付け工賃】
 最後に、ラッシングベルトを新しく取り付ける際に、どれくらいの費用が
掛かるのかまとめてみました。

 このベルトを付けるためには、ラッシングレールという土台が必要になり
レールには通常のタイプと、クロスタイプとがあります。

通常のタイプのレール
ベルトの取り付け位置に対して、穴が縦に並んでいる。

クロスタイプのレール
ベルト取り付け位置に対して、穴が縦と横にクロスしているものが並んでいる。

 この、ラッシングレール本体の目安価格は以下のようになっています。

  • 3.2mスチール製 5,000円前後
  • 3.2mアルミ製 8,000円前後
  • 3.2mステンレス製 13,000円前後
  • 3.2mクロスタイプスチール製 6,000円前後

 取り付け工賃に関しては、およそ50,000円~100,000円で取り付け
ことが出来ます。
ただ、ラッシングレールの長さなどによって多少価格が変動するようです。
 また、ラッシングベルト自体は1,000円~5,000円と幅広い価格がありますが
中間辺りの2,000円~3,000円の物でも、十分強度は保たれるので無理に高い
ベルトを購入する必要は無いでしょう。
おすすめ記事
関連記事


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.