自動車のアイドリングが不安定になる原因や対処法って?

アイドリングの調子が悪い

 トラックや信号待ちのタクシーや車など、多くの車が行うアイドリング。

 普段何気なく行なっていますが、タコメーターを見てみるとなんだか
不安定な動きをしている、なんていう事があります。
 これは、エンジン等の調子が悪い時に起こる現象で、放っておくと
故障やトラブルの原因になりかねません。

 そこで今回は、アイドリングが不安定になる原因からその対処法までを
わかりやすくまとめてみました。
そもそもアイドリングって?

アイドリング中のトラック
【アイドリングとは】
 アイドリングとは、一度エンジンを掛け、アクセルペダルを踏まずに少し
ずつガソリンを使ってその状態を維持すること
を言い、他にも暖機運転とも
呼ばれています。

 また、必要以上のアイドリングは、ガソリンの無駄遣いや騒音被害を
引き起こすため、現代の車社会においてはアイドリングを最小限に留める
アイドリングストップ活動も行われています。

 バスに関して言えば、アイドリングストップバスというものも存在しています。

 このアイドリング、通常はエンジンの回転数を一定に保ち、その状態を維持
していますが、急にタコメーターが不安定になりエンストを起こしたりする事が
あるんですが、その原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか?
次の項目で確認してみましょう。


アイドリングが不安定になる原因って?

車のスピードメーター
【エンジンの回転数が落ち着かない】
 アイドリングが不安定になる原因には、どのような問題があるんでしょうか?
 一般的に、アイドリング中のエンジンは1000rpm位で一定の回転数を維持し
安定しているのが正常な状態ですが、エンジンに何らかの問題が発生すると、
以下の様な症状が見られるようになります。

  • アイドリング時にエンジン回転数が上下して安定しない。
  • アイドリングが不安定で、AT車なのにエンストを起こす。
  • ドライブレンジで停止中、アイドリングが不安定で車体が前後に揺れる。

これらの症状の原因として、以下のものが考えられます。

  • 基本的な整備不良
  • ガソリンの不良
  • エンジン内部の汚れ
  • エンジン関連部品の故障

 この様に、色々な要因が考えられますが、原因は1つとは限らず複数のトラブルが
重なりアイドリングの不安定を引き起こすこともあります。


アイドリングの調子が悪い時の対策は?

エンジンを整備
【アイドリングが落ち着かない時の対処法】
 では、アイドリングが落ち着かない場合の対処はどうしたら良いのでしょうか?
前項目で挙げた原因を元に、対処法を簡単にまとめてみたので確認してみましょう。

  • 基本的な整備不足
    消耗部品や定期交換部品の交換・清掃などのメンテナンスを実施

  • ガソリンの不良
    ガソリンスタンドやガソリンの種類をハイオクなどに変えてみる

  • エンジン内部の汚れ
    強力洗浄系ガソリン添加剤で洗浄、もしくはオーバーホールを実施

  • エンジン関連部品の故障
    故障部品の調査および交換、整備工場やディーラーに修理を依頼する

 アイドリングが不安定になる原因としては、整備不足による汚れが多くなって
いて、これはエンジンクリーナー等を使用し清掃することにより解消される事が
ほとんど
です。

 ですが、全く整備や清掃を行なった経験がない方は整備工場やディーラーへ
持って行き点検してもらうことをオススメします。
おすすめ記事
関連記事


Comment

アイドリング不安定
自分はダイハツムーブL150Sに乗っていますが、アイドリング中パワーウィンドや方向指示器などを使うとアイドリングが下がります。バッテリーは新品に交換しましたが、症状は変わりません。何が原因でしょうか
  • 2016/04/04 11:42
  • 宮本
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Copyright © 行列のできるトラック相談所 All Rights Reserved.