よく読まれている記事

トラックやバスの機能で聞く尿素SCRシステムって?

尿素SCRシステムって?

 近年の排ガス規制の改正により改良され続けてきたトラック等の排気システム。

 今では、排気ガスを浄化してから排出する尿素SCRシステムという新たな
浄化技術も開発されています。
 ですが、一般的にはどのようなものなのか広く周知されていないのが現状です…。

 そこで今回は、尿素SCRシステムのメリットやデメリットについて
わかりやすくまとめてみました。


尿素SCRシステムってなんなの?

尿素SCRシステム
【尿素SCRシステムとは】
 そもそも、この尿素SCRシステムとはどのようなものなんでしょうか?

 尿素SCRシステムとは、窒素酸化物(NOx)を浄化する技術のことで、
ディーゼルエンジンから多く排出される事で問題視されていたNOxの
浄化システムの事
を言います。

 これは、排ガス中に含まれる窒素酸化物にアンモニアを吹きかけると
水と水素に変わるという性質を利用したもので、このアンモニアは尿素水を
ディーゼルエンジンの排熱で分解することで生成します。

※尿素SCRシステムの概要図

 では、このシステムを導入することによるメリットやデメリットには
どんなものがあるのか、次の項目で確認してみましょう。


尿素SCRシステムのメリットって?

AdBlueの給油所
【導入したことによる利点】
 この、システムを導入することにより、具体的にどんなメリットが
考えられるのか以下に簡単にまとめてみました。

  • このシステムを導入することにより燃費の悪化する要因が少ない。

  • 燃費の悪化要因が少ないため、燃料コストと尿素水のコストを合算しても、ランニングコストの上昇はほとんどない。

  • 排気温度が低い状態からでも浄化能力があり、耐久性も高い。

  • 白金などの貴金属を使わないため、SCR単体なら低コスト化が図れる。

 などが挙げられます。

排気ガスの浄化はもちろんの事、導入してからのランニングコストや燃費の悪化が
少ない
というのは助かりますよね。

 次に、デメリットは何なのかを確認してみましょう。


尿素SCRシステムのデメリットって?

尿素SCR導入車
【導入したことによる欠点】
 ここでは、システムの導入によるデメリットにはどんな事が考えられるのか
という事を確認していきましょう。

  • 尿素水タンクおよび噴射システムに加え、システムの前後段に酸化触媒を装着する必要があり、重量増により荷物の積載量が減少する。

  • 結晶化したアンモニアが凝固して、インジェクター詰まりを起こすことがあるため、定期的に清掃が必要となる。

  • 尿素水切れを起こすとエンジンの再始動ができなくなる。

  • アンモニアが排出される危険があり、排気漏洩防止装置の取り付けが必要。

 などが挙げられます。

 排ガスが浄化されるのは良いことですが、積載量が減ってしまったり、定期的な
メンテナンスが必要

となると手間もかかり大変ですよね。
 さらに改良を重ね、もっと優れたシステムになると良いですね。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)