よく読まれている記事

アフターファイヤーが起こる原因やその対策って?

アフターファイヤーがもたらす影響

 「パンッ!」という甲高い音とともに、マフラーから火を噴く現象
アフターファイヤー。

 一部ドライバーの間では、かっこいいという理由で故意にアフター
ファイヤーを起こしている方もいます。
 ですが、意図して起こしているならまだしも、自然に起こっている
場合は、放置しておくと故障の原因になりかねません…。

 そこで、アフターファイヤーが起こる原因やその対策をまとめました。


アフターファイヤーって?

ベビーカーからアフターファイヤー
【アフターファイヤーとは】
 そもそも、アフターファイヤーとは一体何なのでしょうか?これは、エンジン
内部で燃焼しきれなかった、ガソリンやディーゼル(未燃焼ガス)が、エキマニや
マフラーの熱によって引火し、燃焼しながら音や炎とともにマフラーから吐き
出される現象
を言い、アフターバーンとも呼ばれています。

 この現象を、「バックファイヤー」と間違える方が多く居るとい思いますが、
バックファイヤーはガソリンやディーゼル(未燃焼ガス)がエンジンの燃焼室
の外で燃焼し、キャブやエアクリーナー側に逆流する事を言います。

※クリックで拡大

 冒頭でもお話しましたが、このアフターファイヤーをかっこいいという理由で
故意に起こしている方も居るようですが、もしも自然に起こっているのであれば
故障や事故の原因にもなり兼ねません。

 以降の項目で、原因や対策についてわかりやすくまとめていくので、しっかり
確認しておきましょう。


アフターファイヤーの原因って?

お尻から火を噴く男
【アフターファイヤーの要因】
 では、アフターファイヤーが起こる原因として、どんな事が考えられるで
しょうか?

 以下に、その主な原因をピックアップしてみました。

  • 原動力となる燃料が薄い
  • 原動力となる燃料が濃い
  • 点火時の遅れ

 などが挙げられます。

 これらは、エンジンが高回転になるエンジンブレーキの使用時や、ギアチェンジ
(ヒール・アンド・トウ)時に発生するケースが多く、シリンダーへの燃料が薄い、濃い
などが要因になっています。

 他にも、カーボンが蓄積される事による、スパークプラグの失火や、各センサーの
故障なども考えられます。

 気づかない程度のアフターファイヤーであれば問題ないのですが、マフラーから
「パンッ」という音が鳴っているのがわかる場合には、エンジンへの負荷も大きく
なっている事が考えられるので、早めに点検してもらいましょう。


アフターファイヤーの影響や対処法って?

アフターファイヤーで焦げた車
【及ぼす悪影響や対策とは】
 最後に、このアフターファイヤーが発生したことによる、自動車への悪影響に
どのような事が考えられるか確認していきましょう。

 まず、考えられるのは前項目で原因として挙げられた、燃料の薄い、濃いが
もたらす車体への影響は、燃料が薄すぎる場合、オーバーヒートを起こしたり、
エンジンが焼き付くといった事が考えられます。

 濃すぎる場合は、スパークプラグがかぶってエンジンが掛からなくなったり、
カーボンが溜まって圧縮漏れを起こしたりも考えられます。

 他にも、マフラーのグラスウールが炎の影響で焼けてしまう、サイレンサーに
穴が空く事が考えられ、その場合すぐに交換しなければいけなくなり、痛い出費を
強いられる事も考えられます…。

アフターファイヤーが起こった時点で考えられる影響一覧
  • オーバーヒート(燃料が薄い)
  • エンジンの焼き付き(燃料が薄い)
  • プラグのかぶり(燃料が濃い)
  • エンジンの圧縮漏れ(燃料が濃い)
  • マフラーのグラスウールが焼ける
  • マフラーのサイレンサーに穴が開く

 アフターファイヤーが発生した時点で、すでにこれらのトラブルが起こる可能性が
高くなってきます。

 対処法としては、エキマニやマフラー等の交換、燃料の噴射濃度の調整等があり
ますが、どれも簡単に行えるものではないので、整備工場へ行き点検してもらう事を
オススメします。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)